PP単価4.70円の12月搭乗分VT28No.1小松-沖縄を札幌発着一泊二日で活用する

小松-那覇を札幌(新千歳)から

先日の記事で、小松空港の隠れた魅力について紹介しました。
東京(羽田)・福岡発着では日帰り旅程を組むことができて魅力的な路線であると紹介しました。
その中で、札幌(新千歳)発着で考えると直行便で小松に行き一泊して活用するルートがあると軽く触れていましたが、せっかく一泊するならばバリュートランジット28をフル活用し、PP単価は低く抑えつつ獲得PPを増加させるルートを紹介したいと思います。
しかも今回はバリュートランジット12月搭乗分No1路線の小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)を利用しつつ、宿泊はGoToキャンペーンを利用し宿泊費を削減します。

今回のメイン路線

前文でお伝えしたした通り、12月搭乗分のNo1路線の小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)を利用します。
この区間の獲得PP数は2,192ポイントで、往復ならば4,384PPと4,000オーバーとなりますので、SFC修行目線で利用価値の高い路線となっております。

小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)

沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松
Great Circle Mapper

12月搭乗分第1位のPP単価である小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)ですが、小松を10:15発となっている為、朝一番で札幌(新千歳)を出発しても、直行便・乗継便どちらを利用しても間に合うルートはありません。
ですので、札幌(新千歳)発着一泊二日で構築するには小松に宿泊し、二日目にこのルートを利用するしか方法はありません。

 便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2
1754321小松10:15東京(羽田)11:25516211197VT
2473772東京(羽田)12:55沖縄(那覇)15:501,676984922
合計      2,192 1,119 
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

以下は12月18日(金)搭乗での予約画面です。
本記事の予約・運賃等は以下全て2020年10月27日時点の情報です

ANA20201218_KMQ-HND-OKA
ANA HPより

この区間の運賃は11,000円、旅客施設使用料込みでのPP単価5.02円は、さすがは12月搭乗分第1位の破壊力を見せつけます。
獲得PP2,192ポイントは、バリュートランジットとしてはやや少なめとなっていますが、それを気にさせないPP単価となっています。
ちなみに、この小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)路線ですが、12月中は最安値(11,000円)での搭乗可能な日が大量にあります。

札幌(新千歳)発着で構築する

今回は一泊二日で構築する為、前述したとおりメインルートである小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)は2日目に利用するので、1日目は札幌(新千歳)を出発しバリュートランジットを活用しながら最後は小松に到着し宿泊するルートを組み、2日目はメインルートを利用した後、沖縄(那覇)から札幌(新千歳)に戻るというルートを構築したいと思います。
今回は、最安値が期待できる2020年12月17日〜18日で旅程を組みます。

1日目

CTS-NGO-OKA-HND-KMQ
Great Circle Mapper

ルートマップでは、札幌(新千歳)から名古屋(中部)を経由し沖縄(那覇)に向かい、東京(羽田)を経由し小松に向かうルートとなる為、かなりの長距離フライトとなります
旅順は札幌(新千歳)-名古屋(中部)-沖縄(那覇)-小松の合計4レグです。

ANA20201217_CTS-NGO-OKA
ANA HPより

この旅のスタートとなる1レグ目は、札幌(新千歳)08:25発エアドゥ運行のANA4830便で名古屋(中部)に向かいます。
機材はB737–700(73D)です。
10:20に名古屋(中部)に到着し、次の沖縄(那覇)行きまで接続時間は1時間20分もありますので、ゆっくりとする時間があります。

2レグ目は名古屋(中部)を11:40発のANA2465便の沖縄(那覇)行きです。
先ほどのエアドゥに続きコードシェア便であるソラシド運行便になり、機材はB737–800(73L)となります。
エアドゥの73Dと似た機材ですが、全長が違い機内の雰囲気も大きく異なります。
違いを比較するマニアックな楽しみもありそうです。
沖縄(那覇)到着が14:10となり、次の搭乗まで2時間35分もありますので、有名な空港食堂で遅めの昼食もアリですし、慣れている方であれば市内への観光も可能なのではないでしょうか。

ANA20201217_OKA-HND-KMQ
ANA HPより

続いて本日3レグ目となる16:45発のANA472便で東京(羽田)に向かいます。
機材は本日初の大型機であるB777–200(772)です。
19:00に東京(羽田)に到着し、接続時間1時間35分の後、本日の目的地である小松に向かいます。

東京(羽田)20:35発ANA751便の小松行きは機材がB737–800(738)となります。
フライト時間はたった1時間ですので、小松着が21:35となり1日目が終了となります。

この初日だけで獲得PP数は4,726PPでPP単価は8.10円ですが、札幌(新千歳)-小松を直行便(普通席12月最安値)で手配した場合の獲得PP数は793PP・PP単価21.65円ですから、サクッと小松入りするのは修行僧としては暴挙に等しいのです。
時間を惜しまずせっせと4レグのフライトをオススメします。

2日目

KMQ-HND-OKA-HND-CTS
Great Circle Mapper

ルートマップではわかりにくくなってしまいましたが、2日目は小松を出発し東京(羽田)経由で沖縄(那覇)に向かい、沖縄(那覇)から東京(羽田)経由で札幌(新千歳)に帰るルートになります。
旅順は小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)-東京(羽田)-札幌(新千歳)の2日目も4レグです。

ANA20201218_KMQ-HND-OKA
ANA HPより

2日目は今回のメインルートとなる小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)でスタートします。
10:15発のANA754便で東京(羽田)に向かいます。
機材はA321(321)となり、フライト時間は1日目の往路より10分長くなりますが短めの1時間10分なので、11:25に東京(羽田)に到着です。
東京(羽田)での乗継時間は1時間30分と余裕がありますので、今後に備えて昼食を済ませておくことをオススメします。

トータルで6レグ目となる12:55発のANA437便で沖縄(那覇)に向かいます。
機材は昨日と同様に大型機772ですので、長距離フライトも苦にならずに済みそうです。
沖縄(那覇)到着が15:50となり、残り2レグとなります。

ANA20201218_OKA-HND-CTS
ANA HPより


沖縄(那覇)での乗継時間は2時間35分とたっぷりと時間がありますので、ゆっくりと過ごして、これまでの疲れを癒しましょう。
疲れが癒された後、18:25発ANA474便の東京(羽田)行きに搭乗します。
機材はこちらも大型機の772です。
東京(羽田)に20:40着となります。

この旅のラストフライトとなるのは、東京(羽田)21:30発のANA4743便はエアドゥ運行になります。
機材は1レグ目と同様の73Dです。
札幌(新千歳)に23:05に到着し一泊二日の旅程全てが終了となります。

 便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2運賃PP単価
1483073D札幌(新千歳)8:25名古屋(中部)10:201,121614575VT¥18,5707.33
2246573L名古屋(中部)11:40沖縄(那覇)14:101,413809757
3472772沖縄(那覇)16:45東京(羽田)19:001,676984922VT¥19,7008.99
4759738東京(羽田)20:35小松21:35516211197
小松泊
5754321小松10:15東京(羽田)11:25516211197VT¥11,0005.02
6473772東京(羽田)12:55沖縄(那覇)15:501,676984922
7474772沖縄(那覇)18:25東京(羽田)20:401,676984922VT¥25,1709.53
8474373D東京(羽田)21:30札幌(新千歳)23:05965510477
合計      9,559 4,969 ¥74,4407.79
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

合計運賃 74,440
獲得PP 9,559
PP単価 7.79

ホテル

一泊二日の修行旅程ですので、ホテルが必要になります。
上記のPP単価はフライトのみのPP単価ですので、参考までに宿泊費とホテルまでの交通費込みのPP単価を算出いたします。
出来る限り修行費用を抑えたいので安価なホテルを探しつつ、今回は12月の旅程なのでGoToキャンペーン適用となる為、さらに安価で宿泊可能です。
そこで、先日記事で紹介した小松空港周辺のオススメホテルである『変なホテル』を利用しようと思いましたが、まだ開業前なのか12月17日の宿泊では予約不可でした。
そこで今回は小松空港からの交通費も含めて最安になるこちらのホテル考えてみます。

R&Bホテル金沢駅西口

R&Bホテル 金沢駅西口
ANA HPより

アクセス

小松空港から金沢駅前までバスで40分、ホテルまで徒歩3分

費用

GoToキャンペーン適用後価格 2,900円
アクセス バス利用
費用 1,150円(往復2,300円)
一泊あたりのコスト 4,200円

宿泊費込み合計費用 78,640
獲得PP 9,559
宿泊費込みPP単価 8.23

宿泊費込みの参考PP単価で8円台前半を札幌(新千歳)発着で利用可能な旅程が組めました。

まとめ

今回は札幌(新千歳)発着での一泊二日での旅程を組んでみました。
バリュートランジット12月搭乗分No1路線の小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)を利用することで、PP単価を7円台と抑える事ができ、獲得PPも惜しくも10,000PPには届きませんでしたが、9,559PPと大量プレミアムポイントを獲得可能です。
GoToキャンペーン適用のホテルを利用して、宿泊費込みのPP単価も8円台前半に抑えることが可能ですので、2020年に修行中でまだ解脱できていない修行僧にオススメなのはもちろんの事ですが、もう間も無く発表される2021年1月搭乗分のバリュートランジット28でもPP単価が期待できる旅程ですので、2021年SFC修行をお考えの方にも参考になるかと思います。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント

  1. hidechan より:

    こんにちは、ランキングからたどり着き、拝見させていただきました。かなり詳しく書かれていますね。驚きました。私は陸マイラーなので、参考にさせていただきます。ありがとうございます。