名古屋(中部)発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 名古屋BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(1月搭乗分)2021年1月6日〜1月31日についてPP単価BEST100の記事を上げました。

本記事では、その中から名古屋(中部)のBEST30を紹介します。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

名古屋(中部)発着

名古屋(中部)発着の設定路線数は51路線(前月比±0)が設定され、先月からの変化はありませんでした。
PP単価10円を下回る路線は27路線(前月比+10)となっており、設定路線の総数が変わらないにも関わらず10便も増加となり非常に良い傾向と言えるでしょう。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1名古屋(中部)札幌(千歳)函館701 / 48539,9001,4566.80
2名古屋(中部)札幌(千歳)女満別707 / 486511,2001,5437.26
3名古屋(中部)札幌(千歳)中標津703 / 488311,6001,5887.30
4中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4882 / 70611,6001,5887.30
5名古屋(中部)札幌(千歳)稚内701 / 484112,0001,5777.61
6名古屋(中部)札幌(千歳)女満別4835 / 486712,1001,5437.84
7中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4886 / 71413,0001,5888.19
8稚内札幌(千歳)名古屋(中部)4844 / 71413,0001,5778.24
9名古屋(中部)札幌(千歳)函館4835 / 485712,1001,4568.31
10釧路札幌(千歳)名古屋(中部)4876 / 71413,0001,5258.52
11名古屋(中部)東京(羽田)小松86 / 7538,8001,0058.76
12函館札幌(千歳)名古屋(中部)4858 / 71413,0001,4568.93
13女満別札幌(千歳)名古屋(中部)4866 / 71214,0001,5439.07
14沖縄福岡名古屋(中部)1208 / 386216,1001,7669.12
15名古屋(中部)福岡沖縄3863 / 120916,1001,7669.12
16稚内札幌(千歳)名古屋(中部)4842 / 71014,4001,5779.13
17名古屋(中部)福岡沖縄3861 / 120716,5001,7669.34
18中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4884 / 483615,0001,5889.45
19沖縄福岡名古屋(中部)1200 / 43416,8001,7669.51
20名古屋(中部)福岡沖縄3869 / 121516,8001,7669.51
21名古屋(中部)沖縄石垣2465 / 177119,2001,9839.68
22名古屋(中部)福岡沖縄3859 / 120517,1001,7669.68
23釧路札幌(千歳)名古屋(中部)4874 / 483615,0001,5259.84
24沖縄福岡名古屋(中部)1206 / 316017,4001,7669.85
25函館札幌(千歳)名古屋(中部)4854 / 71014,4001,4569.89
26沖縄福岡名古屋(中部)1210 / 386617,5001,7669.91
27沖縄福岡名古屋(中部)1212 / 386817,5001,7669.91
28名古屋(中部)福岡沖縄3159 / 121117,9001,76610.14
29名古屋(中部)沖縄石垣2469 / 244920,7001,98310.44
30名古屋(中部)沖縄石垣309 / 178121,3001,98310.74

BEST30のうち沖縄方面が13便、北海道方面が16便、残り1便が小松となり、先月と同様にランキング上位を北海道方面が占めていますが、今月はTOP10を全てを北海道方面が占めており、北海道方面が非常に強いランキングとなっています。

名古屋(中部)-札幌(新千歳)-函館

NGO-CTS-HKD
Great Circle Mapper

名古屋(中部)発着1月搭乗分の第1位は名古屋(中部)-札幌(新千歳)-函館です。
先月と変わらず第1位を獲得しつつ、PP単価は先月より0.35円改善し、なんと6円台の6.80円となりました。
獲得PPは1,456PPとまずまずのパフォーマンスを発揮します。
往復で考えると、この路線の復路がPP単価8.93円で12位にランクインしており、往復平均ではPP単価は7円台の7.86円・合計獲得PPは2,912PPとなり、名古屋(中部)発着としてはかなり強力でオススメな路線となっています。

名古屋(中部)-福岡-沖縄(那覇)

NGO-FUK-OKA
Great Circle Mapper

今月の沖縄方面での最上位は、第15位にランクインした名古屋(中部)発福岡経由の沖縄(那覇)行きになります。
PP単価は9.12円となっており、先月は10円台だったので、約1円の大幅な改善となりました。
獲得PPは1,766PPとなっています。
ちなみに復路便は16位に同PP単価の9.12円でランクインされていますので、往復でもPP単価は9.12円で獲得PP3,532と大量のプレミアムポイントを獲得可能です。
しかもこの路線、便違いでPP単価10円以下に10便(往路5便・復路5便)設定され利用し易い路線となっており、見逃せない路線ではないでしょうか。

名古屋(中部)-札幌(新千歳)-中標津

NGO-CTS-SHB
Great Circle Mapper

最後に紹介する路線は第3位にランクインしている、この名古屋(中部)-札幌(新千歳)-中標津です。
PP単価は7.30円と先月から変わらない優良なPP単価ですし、獲得PPも1,588PPと名古屋(中部)発着としては良い獲得PPとなっており、優良な路線となっていますが、今回ここで紹介する理由は往復でのPP単価です。
この路線の復路に当たる第4位の中標津-札幌(新千歳)-名古屋もPP単価7.30円ですので、往復でのPP単価はもちろん7.30円となります。
ですので先ほど紹介した名古屋(中部)-札幌(新千歳)-函館の往復のPP単価(7.86円)よりも良いPP単価になり、かなりオススメ出来る路線と言えます。
ちなみに獲得PPも往復で3,172PPと3,000オーバーとなり、こちらもオススメする理由でもあります。

同時期のプレミアム28

名古屋(中部)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく2021年1月6日〜1月31日の設定なのでご注意ください。

今月の名古屋(中部)発着BEST30は、先月1位だった函館路線が今月はPP単価6円台に改善し久々に6円台が登場しつつ、TOP10が全て北海道方面になるなど、先月より更に北海道方面が優位となるランキングになりました。
全体的にも設定路線数の変化は無い中10円以下の路線が大幅に増加するなど、かなり改善の見られた名古屋(中部)発着のBEST30のランキングでした。

2021年SFC修行スタートの月となる1月搭乗分(2021年1月6日〜1月31日)の東京(羽田)発着のBEST30を参考に、2021年SFC修行のファーストフライトの計画を立てては如何でしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント