沖縄(那覇)発着BEST30(10月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 沖縄PP単価BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(10月搭乗分)2021年10月1日〜10月30日から、今回は修行の聖地・沖縄(那覇)のBEST30を紹介します。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線のPP単価10月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

本記事では、その中から沖縄(那覇)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

沖縄(那覇)発着

沖縄(那覇)発着の設定路線数は196路線(前月比-2)が設定され、ほぼ変わらない設定便数となりました。
PP単価10円を下回る路線は95路線(前月比-1)と、運賃・単価面でも変化の少ない10月搭乗分であります。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 沖縄-東京(羽田)-小松の場合は、120円+290円x2+0円=700円となります。

それではBEST30をご覧ください。


出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1庄内東京(羽田)沖縄398 / 47711,1002,2035.04
2沖縄東京(羽田)能登462 / 74912,4002,1865.67
3秋田東京(羽田)沖縄406 / 47513,2002,2945.75
4沖縄東京(羽田)秋田994 / 40513,2002,2945.75
5沖縄東京(羽田)庄内460 / 39512,8002,2035.81
6沖縄東京(羽田)庄内464 / 39713,1002,2035.95
7札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712 / 173715,3002,5076.10
8沖縄東京(羽田)小松996 / 75513,4002,1926.11
9沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171316,4002,5076.54
10沖縄東京(羽田)大館能代464 / 72316,3002,3476.95
11大館能代東京(羽田)沖縄720 / 47316,3002,3476.95
12大館能代東京(羽田)沖縄722 / 109716,3002,3476.95
13沖縄東京(羽田)大館能代994 / 72116,3002,3476.95
14小松東京(羽田)沖縄754 / 47315,4002,1927.03
15沖縄名古屋(中部)秋田306 / 183915,5002,1837.10
16沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)306 / 71518,4002,5347.26
17秋田東京(羽田)沖縄404 / 47116,7002,2947.28
18札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47719,3002,6417.31
19小松東京(羽田)沖縄756 / 47916,1002,1927.34
20沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6519,4002,6417.35
21能登東京(羽田)沖縄748 / 47316,2002,1867.41
22富山東京(羽田)沖縄316 / 47316,2002,1407.57
23札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 47520,1002,6417.61
24沖縄大阪(伊丹)青森762 / 185317,5002,2927.64
25札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄706 / 30919,4002,5347.66
26庄内東京(羽田)沖縄400 / 47916,9002,2037.67
27沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6720,3002,6417.69
28沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2520 / 483519,5002,5347.70
29能登東京(羽田)沖縄750 / 47916,9002,1867.73
30秋田東京(羽田)沖縄408 / 242917,8002,2947.76
31札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 109520,5002,6417.76

沖縄(那覇)発着BEST30は、札幌(新千歳)が10便・東北方面が14便・北陸方面が7便となり、行先分布も先月とあまり変わらず東北方面が目立つランキングになりました。
KING of VALUE-TRANSITの異名を持つ沖縄(那覇)発着は、たとえ30位でも全体ランキングの43位であり、優秀な路線が多くランクインしており、行き先も豊富なBEST30となっています。

庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)

庄内ー羽田ー那覇
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)発着10月搭乗分の第1位は庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)となります。
9月から連続で1位の座にするこの路線は8月以前でも2位だったので、上位ランカー常連です。
PP単価は5.04円と、先月と全く変わらないパフォーマンスです。
この路線の往路は5位にPP単価5.81円でランクインしており、平均PP単価5.42円で往復可能なオススメの路線となります。
往路ではさらに6位にもPP単価5.95円でランクインする便があり、旅程の組みやすさも良好です。
プレミアムポイントは片道2,192ポイントですので往復では4,384ポイントを獲得する事が可能です。
9月には2倍キャンペーン期間中を活用し沖縄合宿のメイン路線でしたが、2倍キャンペーンが終了してもきらりと光る路線であることは変わりません。

沖縄(那覇)-東京(羽田)-秋田

OKA-HND-AXT
Great Circle Mapper

次に紹介するのは、ランキング上位かつ往復旅程が組み立てやすい3位の秋田-東京(羽田)-沖縄(那覇)です。
3位ではありますが往路も直後の4位(実際は同率3位)に位置し、往復利用時のPP単価の悪化が少なく、1位の庄内路線に負けず劣らずの使い勝手が期待できます。
PP単価は往復ともに5.75円の優秀な路線です。
往復ともに2位タイにランクインしていますので、平均PP単価も5.75円と変わらず5円台で往復可能な路線となっています。
さらに20位にPP単価7.10円で復路・22位にPP単価7.28円で往路がランクインしていて、フレキシブルに旅程が組めそうです。
獲得PPは2,294ポイントと庄内よりやや増加する事も期待できる点です。
往復での獲得PPは4,588ポイントを獲得する事が出来て、沖縄合宿のメイン路線である庄内や能登に続く期待の行き先です。

札幌(新千歳)-大阪(関西)-沖縄(那覇)

CTS-KIX-OKA
Great Circle Mapper

最後は、直行便では最大距離の那覇-札幌間を乗り継ぎで行く札幌(新千歳)-大阪(関西)-沖縄(那覇)です。
ほぼ一直線(伊丹経由なら完璧です)の飛行経路になるこの路線は2,507PPを獲得でき、スーパーバリューなどの運賃7(75%積算)の直行便よりも412PPも多く獲得できる点が魅力的です。
PP単価は北海道方面最上位の7位(6.10円)と申し分ないスペックです。
往復で考えると9位に6.54円の便があり、往復の旅程でもPP単価の悪化は最小限です。
名古屋(中部)経由も多数ランクインしていて、他の経由地を使って複数のバリュートランジットを組み合わせたりする事で比較的規模の大きな旅程を組む際も自由度が高そうです

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

沖縄(那覇)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

沖縄(那覇)発着の10月搭乗分は、BEST30内の30位ですらPP単価7円台と言う強力さは相変わらずバリュートランジットのキングの名にふさわしく、立地面から来る獲得PPの大きさも特筆に値します。
30位以降を見ても95位までがPP単価10円以下です。
SFC修行の分水嶺ともいえるPP単価10円未満であれば選り取り見取りの沖縄(那覇)発着は、他の空港ベースの修行僧にとっても垂涎の発着地であります。
那覇着のバリュートランジットが地元空港から設定されている方は幸運であり、設定がない方も工夫して那覇や接続可能空港に向かい、これら優良路線を味わい尽くしたいと心から思えるラインナップです。
PP2倍キャンペーンが終わったとしても沖縄合宿は健在であり、有力なSFC修行の手法です。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント