[JGC修行]福岡発着の残業時間フライトで回数を稼ぐ

福岡日帰りJGC回数修行

福岡発着の残業フライト可能なルートを紹介します。
九州の空の玄関口である福岡ですが、残業フライト可能な路線は2ルートしかなく、思いのほかバリエーションは少ないです。

残業フライトとは当ブログで勝手に名付けたネーミングですが、JAL系の修行の中で独自の修行スタイルである回数修行を勤務時間外にこなし、搭乗回数をコツコツ積み重ねる事で、一般的な会社員をモデルケースとして17時や18時頃に仕事を終えてから空港に向かい、その日のうちにまた戻ってくるスタイルです。
週一度のノー残業デーにフラッと空港に向かうも吉、働き方改革によって夕方以降に余裕のある方にもオススメの手法になります。

残業フライトの概要は上記記事でまとめましたが、本記事では福岡空港発着で、利用可能な路線・各地からの空港へのアクセスなどを見ていきます。
他空港からの残業フライトも上記リンクから辿れます。

スポンサーリンク

空港へのアクセス

福岡空港は、他の空港と比較しても福岡の中心部からの距離が近い為、短時間でのアクセスが可能な空港であります。
福岡空港へのアクセスはバス、鉄道と複数のありますので、街の中心部からの近さと相まってとても心強いポイントです。

バス

福岡空港へは福岡市内各地からのアクセスがあります。

方面所要時間
福岡タワー約40分
イオンモール福岡約20分
大濠公園約40分
天神約35分
博多駅約15分
新生約25分
佐谷約35分

上記には主な場所からの所要時間を掲載しましたが、バスでのアクセスは、多くの場所から可能となっていますので、詳しくは下記の福岡空港のHPで確認してください。

鉄道

福岡空港へは空港直結の地下鉄が乗り入れており非常に便利になっていて、最も有望なアクセス手段となりそうです。
時間は目安となりますが、主要駅からの所要時間は下記のようになります。

駅名所要時間
博多駅約5分
天神駅約11分
姪浜駅約25分
貝塚駅約20分

福岡発着残業可能路線

福岡空港発着で18時以降で往復可能路線は以下の2路線です。

FUK-TKS_KMI
Great Circle Mapper

福岡-徳島 FUK-TKS

JAL時刻表(福岡-徳島)
JAL HPより

18:10発のジェイ・エア運航のJAL3567便にて徳島に向かいます。
フライト時間1時間で徳島に到着です。
徳島到着が19:10、復路の出発が19:45ですので、滞在時間は35分の短時間となりますので、ちょっと一息着く時間も無いかもしれません。
復路便は同じくジェイ・エア運航便のJAL3568便にて福岡に戻ります。
復路のフライト時間は少し長くなり1時間10分ですので、20:55に福岡に到着し、徳島行きの残業フライトは終了となります。

機材は往路復路ともに、エンブラエルE170(E70)の小型機となります。

参考となりますが、2021年2月9日(火)の運賃が往路9,910円・復路も9,910円となっていますので往復19,820円です。
この運賃で25往復できれば理論上495,500円で50回搭乗達成となり、FOP単価9.91円相当となります。

獲得FOPは先得(運賃3)で364×50=18,200FOPで、獲得マイル数は228×50=11,400マイル(JALカードCLUB-A保有時)です。

福岡-宮崎 FUK-KMI

JAL時刻表(福岡-宮崎)
JAL HPより

19時台と遅めの出発時間となる、19:25発のJAL3639便にて宮崎に向かいます。
この便は徳島便と同様のジェイ・エア運行で、フライト時間は短時間の40分となっていますので、あっという間の20:05に宮崎に到着します。
滞在時間も30分と短時間ですので、あっという間でしょう。
復路便も同じくジェイ・エア運行となり、20:35発のJAL3642便にて福岡に戻ります。
フライト時間は往路より15分長い55分となりますので、福岡に21:30到着で終了となります。

往復ともに機材は小型機のエンブラエルE170(E70)となります。

参考となりますが、2021年2月10日(水)の運賃が往路復路ともに5,000円と破格の運賃となっていますので往復10,000円です。
この運賃で25往復できれば理論上250,000円で50回搭乗達成となり、FOP単価5.00円相当になります。

獲得FOPは先得(運賃3)で196×50=9,800FOPで、獲得マイル数は123×50=6,150マイル(JALカードCLUB-A保有時)です。
回数修行に必要な条件の一つ”累積15,000FOP以上”に届かない為、これだけではJGCを獲得することは出来ません。
JALカードを保有してれば初回搭乗FLY ON ポイントボーナスキャンペーンで5,000FOPが付与されますが、それでも14,800FOPで、あと200FOP足りません。

クラスJやファーストクラスなどの設定がない路線ですので、この路線のみで獲得するに特便割引運賃で搭乗する事しか解決手段はありません。
その場合、搭乗一回あたり400FOP増やすことが可能ですので、50回の搭乗のうちたった1回だけ特便割引運賃で搭乗する事で、合計FOPは15,200となりますので、JMBサファイアの条件を満たします。
運賃は先程と同一日で9,110円になるので、1×9,110+49×5,000=254,110円となり、FOP単価5.08円で解脱となります。

1日1往復では無く丸一日使って1日10レグの集中搭乗する方法は以下。

まとめ

今回は福岡空港発着での残業フライトが可能な路線を紹介しました。
福岡空港は福岡の中心部に近い空港ですので、アクセスも良く残業フライトにうってつけの空港となっていますが、路線は福岡-徳島と福岡-宮崎の2路線のみでした。
しかし宮崎路線は、19:25発と遅い出発時間、2時間5分の短い所要時間、解脱までの参考費用が約26万円と三拍子そろったオススメの路線です。

メリットしか見つからない福岡発着の路線を、福岡ベースの修行僧のみならず、他の地域のJGC修行僧の方でも参考にできそうです。
各地から福岡へのアクセスを工夫して1日で複数回搭乗するような回数修行のスタイルが可能です。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント