沖縄(那覇)発着BEST30(7月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 沖縄PP単価BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(7月搭乗分)2022年7月1日〜7月31日から、今回は修行の聖地・沖縄(那覇)のBEST30を紹介します。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線のPP単価7月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

本記事では、その中から沖縄(那覇)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

沖縄(那覇)発着

沖縄(那覇)発着の設定路線数は215路線(前月比+14)が設定され、若干の増加は良い感じです。
が、PP単価10円を下回る路線は48路線(前月比-61)となり、総設定数の好調さに対し悲惨な良好PP単価路線数は全国傾向と同様です。
沖縄までもが悲しい状況とはなんとも厳しい7月です。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 沖縄-東京(羽田)-小松の場合は、120円+290円x2+0円=700円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1沖縄東京(羽田)秋田462 / 40513,3002,2945.806.22
2秋田東京(羽田)沖縄406 / 242314,1002,2946.156.57
3沖縄東京(羽田)小松996 / 75514,0002,1926.396.83
4富山東京(羽田)沖縄316 / 242314,2002,1406.647.09
5沖縄東京(羽田)富山996 / 31915,3002,1407.157.61
6小松東京(羽田)沖縄754 / 47315,9002,1927.257.70
7札幌(千歳)大阪(伊丹)沖縄774 / 76718,2002,5077.267.73
8沖縄大阪(伊丹)青森762 / 185317,1002,2927.467.86
9秋田東京(羽田)沖縄404 / 47117,2002,2947.507.93
10沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2520 / 483520,1002,5347.938.48
11小松東京(羽田)沖縄756 / 47918,2002,1928.308.75
12札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 109522,1002,6418.378.84
13秋田東京(羽田)沖縄408 / 242519,2002,2948.378.80
14沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6522,6002,6418.569.03
15沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6723,0002,6418.719.18
16東京(羽田)大阪(伊丹)沖縄23 / 76717,0001,9288.829.49
17沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)762 / 2817,0001,9288.829.49
18札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47523,7002,6418.979.45
19沖縄東京(羽田)札幌(千歳)464 / 6923,9002,6419.059.52
20沖縄東京(羽田)秋田468 / 40720,8002,2949.079.49
21札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄706 / 30923,0002,5349.089.63
22庄内東京(羽田)沖縄398 / 47520,1002,2039.129.57
23沖縄東京(羽田)庄内460 / 39520,1002,2039.129.57
24沖縄東京(羽田)庄内464 / 39720,1002,2039.129.57
25沖縄大阪(伊丹)札幌(千歳)762 / 114323,0002,5079.179.65
26庄内東京(羽田)沖縄400 / 47920,5002,2039.319.75
27沖縄東京(羽田)札幌(千歳)2422 / 472524,6002,6419.319.79
28沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)1168 / 2618,3001,9289.4910.16
29沖縄東京(羽田)秋田472 / 40921,9002,2949.559.97
30札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 242325,3002,6419.5810.05

沖縄(那覇)発着BEST30は、札幌(新千歳)が11便(前月比+4)・東北方面が11便(前月比+3)・北陸方面が5便(前月比-2)・東京(羽田)3便(前月比-5)と、北海道・東北方面が活況な一方で北陸方面および東京(羽田)が減少しています。
やや変化があったと言っても、前回から続く北海道・東北・北陸方面の三強体制は継続です。
PP単価分布は5円台1便(±0)・6円台3便(-3)・7円台6便(-6)・8円台8便(-50)・9円台30便(-2)となり、中堅どころの激減は全国傾向を受けた形で、沖縄にも7月の悪夢が襲来しています。
全国唯一の5円台の存在感は大きいですが、程よい路線が中抜きされ力不足な印象です。

沖縄(那覇)-東京(羽田)-秋田

OKA-HND-AXT
Great Circle Mapper

前月と同様に沖縄(那覇)-東京(羽田)-秋田が沖縄発着のNo.1です。
しっかりとPP数を獲得できつつ全国唯一の5円台のPP単価は流石のパフォーマンスで、燦然と輝いています。
1位と2位で組み合わせると往復平均PP単価は5.97円(前回5.78円・前々回5.41円)と悪化傾向ではありますが、全国で唯一の5円台往復が可能な路線であり貴重です。
往復での獲得PP数は4,588PPあり充分に使える路線で、沖縄・秋田ベースではない修行僧にも積極的に狙って搭乗して欲しい路線と言えます。

沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松

沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松が秋田の後塵を拝する形は今回も変わらずですが、3位6位で往復がランクインし、安定の小松と言えそうです。
5円台の秋田に対し6円台のPP単価はやや見劣りを感じますが、全国的悪化の嵐の中踏ん張りをを見せていて、次点として考えておきたい路線です。
往復平均PP単価は6.82円(前回6.64円)と、往復で6円台は胸を張って良い優良路線と言えます。
往復での獲得PP数も4,384PPと、優れたPP単価と共に使える路線です。

富山-東京(羽田)-沖縄(那覇)

Great Circle Mapper

秋田・小松に次いで好調なのは富山-東京(羽田)-沖縄(那覇)で、往復での使い勝手・PP単価共に見劣りはしません。
PP単価・獲得PP共にその2路線と比べてしまうとちょっと物足りませんが、充分に使える路線として選択肢に入れておきたい路線です。
往復での獲得PP数は4,280PP、4位のこの復路に5位の往路と合わせた往復で平均PP単価は6.89円(前回6.96円)と今回もギリギリ6円台で踏ん張りつつ前回から改善されている点も注目です。

同時期のプレミアム28

沖縄(那覇)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

全国的に悪化の嵐が吹き荒れる7月搭乗分ですが、沖縄も例に漏れず設定路線数・優良PP単価路線数を大幅に減らしてきました。
1位/30位いずれもPP単価が悪化し、行き先の分布でもあまり変化がないランキングですが、今回紹介した上位に君臨する3路線は悪化も少なく、富山に至っては改善が眩しいところです。
相変わらずPP単価10円未満であれば選り取り見取りである事自体は嬉しく、便数の激減傾向な中で優良PP単価は変わらず魅力的です。
5円台1便・6円台3便・7円台6便・8円台8便・9円台30便と、沖縄とは思えない状況ですが、他の地域と比べるとやはり修行天国の座は譲りません。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント