[SFC修行]札幌(新千歳)発着BEST30(8月分バリュートランジット28)

VALUE TRANSIT28 札幌(新千歳)BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(8月搭乗分)についてPP単価BEST100の記事を上げました。

さらに全国主要空港別BEST10、そしてVALUE TRANSTの聖地沖縄(那覇)発着BEST30を取り上げました。

今回は、バリュートランジット28天国の沖縄(那覇)と双璧をなす、札幌(新千歳)発着のBEST30を紹介します。

バリュートランジット28の詳細については以下の記事をご覧ください

全国各地のSFC修行僧の皆様の参考になれば幸いです。

札幌(新千歳)発着

今月の札幌(新千歳)発着の設定路線数は前月同様全国最多で398路線(前月比+4)が設定され、夏の繁忙期にも関わらず増加してきました。
その中でPP単価10円を下回る路線は121路線(前月比-31)の設定となり、ややPP単価の悪化傾向がみて取れます。
沖縄(那覇)発着のVT28の設定数と比べ設定総数で200便も多く、PP単価10円以下の路線数でも20便多いなど、PP単価の絶対値を除いて実態は沖縄発着と肩を並べるどころか上回る豊富な路線数です。
設定路線数の豊富さ・悪化したとは言え相変わらず素晴らしいPP単価と、やはりQUEEN of VALUE-TRANSITとして外せないものがあります。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712 / 173717,7002,5077.06
2札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 47718,7002,6417.08
3沖縄東京(羽田)札幌(千歳)996 / 7118,9002,6417.16
4沖縄東京(羽田)札幌(千歳)1096 / 7318,9002,6417.16
5沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6519,2002,6417.27
6沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171318,5002,5077.38
7札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 47519,5002,6417.38
8沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6719,6002,6417.42
9山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)696 / 7114,6001,9307.56
10山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)700 / 7914,9001,9307.72
11札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1710 / 173519,4002,5077.74
12札幌(千歳)東京(羽田)佐賀56 / 45316,0002,0417.84
13佐賀東京(羽田)札幌(千歳)982 / 6916,3002,0417.99
14熊本名古屋(中部)札幌(千歳)332 / 110915,1001,8838.02
15札幌(千歳)東京(羽田)山口宇部56 / 381315,5001,9308.03
16札幌(千歳)東京(羽田)山口宇部62 / 69715,7001,9308.13
17山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)3814 / 473115,9001,9308.24
18佐賀東京(羽田)札幌(千歳)458 / 474316,9002,0418.28
19札幌(千歳)東京(羽田)佐賀4724 / 45517,0002,0418.33
20沖縄東京(羽田)札幌(千歳)460 / 6122,1002,6418.37
21札幌(千歳)東京(羽田)萩・石見64 / 72715,7001,8768.37
22熊本名古屋(中部)札幌(千歳)334 / 483515,8001,8838.39
23札幌(千歳)名古屋(中部)鹿児島4830 / 35316,3001,9378.42
24萩・石見東京(羽田)札幌(千歳)726 / 6515,8001,8768.42
25札幌(千歳)東京(羽田)山口宇部50 / 69316,4001,9308.50
26札幌(千歳)名古屋(中部)熊本4830 / 33316,1001,8838.55
27札幌(千歳)名古屋(中部)鹿児島706 / 35516,6001,9378.57
28岩国東京(羽田)札幌(千歳)636 / 7315,9001,8508.59
29札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島54 / 62317,8002,0668.62
30札幌(千歳)東京(羽田)松山62 / 59315,7001,8228.62

前月7月と比べると、上位は沖縄(那覇)路線が占めていて変わり映えはしませんが、鹿児島路線が下位に沈み、長崎、宮崎路線がランク外となり、九州方面が悪化しました。
その一方、山口宇部がTOP10入りし、萩・石見、岩国がランクインするなど中国地方が躍進してきました。

常勝の沖縄(那覇)路線

那覇ー羽田/関西ー新千歳
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)発着BEST30でも紹介しましたが、やはりこの路線はいつでも強いです。
ランキングの1位から8位までが沖縄(那覇)路線で埋め尽くされます。
7月と比べるとPP単価は1円前後も悪化した路線もありますが、東京(羽田)・大阪(関西)経由どちらでも往復での獲得PPは5,000オーバーですし、悪化したとはいえPP単価も7円台前半で往復できますので、夏休み中の8月でもまだまだ威力を発揮できる路線と言えます。
設定便数も多くあるため時間帯の融通も利きやすく、獲得PP数の多さ・PP単価・使い勝手の全ての面で優れたルートであります。

札幌(新千歳)-九州・中国地方

CTS-HND-UBJ_IWJ_HSG_KMJ_IWK_KOJ-NGO-KOJ
Great Circle Mapper

BEST30の中で行き先が沖縄(那覇)以外の路線は20便の設定がありますが、その殆どが九州・中国地方の路線です。
その内訳は山口宇部が6便、佐賀が4便、熊本が3便、萩・石見が2便、岩国が1便、鹿児島3便の6路線19便でした。

第9位の山口宇部行きは、15位の逆行の便と組み合わせ往復を構築すると、獲得PP3,860、PP単価7.80円と素晴らしい結果が出せます。
第12位と13位を組み合わせ佐賀往復を構築すると獲得PP4,082、PP単価7.91円と、これまた捨てたモノではありません。
熊本は復路は14位、往路は26位なのですが名古屋(中部)経由となってしまい獲得PP数で4,000を下回り3,766になってしまいPP単価も8.28円とは微妙な印象です。
萩・石見は21位と24位で往復可能ですが獲得PP3,752、PP単価8.40円とこちらも悩ましい結果です。
鹿児島はランクインが往路のみでしたが、復路は東京(羽田)経由が34位なので、23位の名古屋(中部)経由の往路と組み合わせると獲得PP4,003、PP単価8.57円と4,000オーバーの獲得PPと共にPP単価もそこそこ使える印象です。
28位の岩国は復路のみのランクインで、往路は100位でしたので往復合わせて獲得PP3,700、PP単価9.19円でした。

30位以内で往復可能な山口宇部、佐賀、熊本、萩・石見の4路線と鹿児島路線は、8月と夏休みシーズンの繁忙期にもかかわらず、それぞれ獲得PPも4,000前後、PP単価も7円台後半から8円台なので、札幌(新千歳)発着でバリュートランジットのみの単純往復としては、強くオススメ出来るのではないでしょうか。
しかし岩国は往路の順位が低く、往復でPP単価10円は切ったものの他の路線と比べてやや見劣り少々物足りなさを感じるところでしょう。

ギリギリでランクインの松山

CTS-HND-MYJ
Great Circle Mapper

ギリギリ30位で登場は唯一の四国行きのランクインとなる松山です。
往路のみでのランクインですので、復路の順位を見てみたら48位(札幌発着)にありました。
30位と48位の往復構成で獲得PP3,644、PP単価8.81円とまずまずの路線ではないでしょうか。
唯一の四国路線でもありますので興味をそそる路線と言えます。

まとめ

沖縄(那覇)路線は8月の夏休みシーズンという事で、PP単価の悪化はありましたが、往復での獲得PPは5,000オーバーですしPP単価も7円代前半ですのでの、まだまだオススメ出来る路線でした。

九州・中国地方路線はどの行き先でも4,000PP前後を獲得できてPP単価7円台後半から8円台で往復を構築可能です。
今月は新規ランクインもあり、同じ路線ばかりでなく行き先の変化も楽しみながらバリエーション豊富な修行が出来るのは修行僧にも良いのではないでしょうか。

唯一、四国路線でのランクインとなった松山ですが、沖縄(那覇)BEST30でもランクインしていましたので、8月は松山が熱いのではないでしょうか。

8月バリュートランジット28の札幌(新千歳)発着は沖縄(那覇)路線にはやはり及ばないですが、中国・四国が大きな見どころとなりました。

行き先も豊富に設定される札幌(新千歳)発着BEST30、夏休みシーズンということで旅行を兼ねたSFC修行というのもアリなのではないでしょうか。
PP単価の悪化やランキングの変化もありましたが、PP単価10円未満の設定数は相変わらず全国最多で、しかも前月と比較して設定路線数が増加しました。
札幌(新千歳)発着はこの安定した豊富な路線設定数こそが最大の強みなのではないでしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント