札幌(新千歳)発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 札幌(新千歳)BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(12月搭乗分)2020年12月1日〜2021年1月5日から、羽田発着大阪発着名古屋発着福岡発着と記事を公開してきましたが、今回はクイーンofバリュートランジットの札幌(新千歳)でBEST30を紹介します。

全設定路線のPP単価12月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

また、バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP)についてはこちらの記事をご覧ください

札幌(新千歳)発着

札幌(新千歳)発着の設定路線数は367路線(前月比±0)が設定され、先月からの変化はありませんでした。
相変わらず設定路線数では群を抜くナンバーワンの数で圧倒的です。
PP単価10円を下回る路線は218路線(前月比+25)となっており、こちらは大幅に増加となりました。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1札幌(千歳)東京(羽田)山口宇部50 / 69312,1001,9306.27
2札幌(千歳)名古屋(中部)鹿児島706 / 318912,5001,9376.45
3札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 47517,9002,6416.78
4札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄4830 / 246517,3002,5346.83
5宮古大阪(関西)札幌(千歳)1750 / 171718,9002,7586.85
6札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47718,1002,6416.85
7札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712 / 173717,3002,5076.90
8札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄706 / 246917,5002,5346.91
9札幌(千歳)東京(羽田)沖縄66 / 109718,4002,6416.97
10鹿児島名古屋(中部)札幌(千歳)354 / 483513,5001,9376.97
11沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6718,5002,6417.00
12札幌(千歳)東京(羽田)沖縄50 / 46918,6002,6417.04
13沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171317,7002,5077.06
14鹿児島名古屋(中部)札幌(千歳)3190 / 71713,7001,9377.07
15長崎名古屋(中部)札幌(千歳)372 / 70713,9001,9467.14
16札幌(千歳)東京(羽田)沖縄4714 / 47118,9002,6417.16
17札幌(千歳)東京(羽田)沖縄56 / 47319,0002,6417.19
18札幌(千歳)大阪(関西)宮古1710 / 174920,0002,7587.25
19宮崎名古屋(中部)札幌(千歳)2436 / 70713,7001,8797.29
20札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄710 / 30918,7002,5347.38
21沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2466 / 483518,8002,5347.42
22沖縄大阪(神戸)札幌(千歳)2426 / 482118,6002,5077.42
23札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島50 / 247315,4002,0667.45
24鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)622 / 6315,4002,0667.45
25札幌(千歳)東京(羽田)沖縄74 / 47919,9002,6417.54
26佐賀東京(羽田)札幌(千歳)452 / 5515,5002,0417.59
27札幌(千歳)東京(羽田)山口宇部62 / 69714,7001,9307.62
28札幌(千歳)東京(羽田)小松50 / 75311,3001,4817.63
29佐賀東京(羽田)札幌(千歳)982 / 6915,6002,0417.64
30鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)620 / 6115,9002,0667.70
31鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)2472 / 5915,9002,0667.70

BEST30すべてがPP単価8円以下、全国ランキング100にも27本が入る優良路線の宝庫となっています。
さすがのQUEEN of VALUE-TRANSITと言えます。
PP単価が同じ値でしたので上位ランキングは31位(30位タイ)まで掲載しております。

札幌(新千歳)-東京(羽田)-山口宇部

CTS-HND-UBJ
Great Circle Mapper

札幌(新千歳)発着の12月搭乗分の第1位は札幌(新千歳)-東京(羽田)-山口宇部です。
PP単価は6.27円・獲得PPは1,930PPでなのですが、この路線は札幌(新千歳)-東京(羽田)と東京(羽田)-山口宇部の区間基本マイルが同じなので、獲得PPは両便とも965PPとなるプレミアムポイントで見ると少し面白い路線になってます。
往復で考えると、復路はランク外の44位、PP単価が7.88円ですが、往路の驚異的なPP単価のおかげで、平均PP単価7.07円・合計獲得PP3,860PPと札幌(新千歳)発着としてはまずまずの結果になりました。

札幌(新千歳)-名古屋(中部)-鹿児島

CTS-HND-KOJ
Great Circle Mapper

12月搭乗分で第2位にランクインしたのが札幌(新千歳)-名古屋(中部)-鹿児島です。
この路線ですが、2カ月連続でランキング第2位とかなり優秀な路線となっており、しかもPP単価は先月の6.71円から6.45円に改善しました。
獲得PPは1,937PPと惜しくも2,000PPには届きません。
しかし往復利用を考えると、復路はPP単価6.97円でランキング10位ですので、平均PP単価6.71円・獲得PPは3,874PPとなり、PP単価6円台で往復可能なので、往復利用前提で考えると山口宇部線以上にお勧めできる路線となっています。

沖縄(那覇)路線

CTS-HND_NGO_KIX_UKB-CTS
Great Circle Mapper

12月搭乗分のBEST30にランクイン最多路線が沖縄(那覇)路線にとなっており、全部でBEST30の半分に当たる15便もランクインしています。
経由地の内訳は東京(羽田)が8便、名古屋(中部)が4便、関空が2便、神戸が1便となります。
獲得PPは東京(羽田)が2,641PP、名古屋(中部)が2,534PP、関空と神戸が2,507PPと全て2,500PPオーバーとなる、大量のプレミアムポイントが獲得できます。
最良PP単価は往路がランキング3位の東京(羽田)経由で6.78円、復路も11位の東京(羽田)経由で7.00円になっています。
沖縄(那覇)路線はランク外も含めたPP単価10円以下の設定便数は25便もありますので、非常に使いやすい路線ではないでしょうか。

同時期のプレミアム28

札幌(新千歳)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく2020年12月1日〜2021年1月5日の設定なのでご注意ください。

札幌(新千歳)発着のBEST30の内訳は、沖縄路線が17便・九州路線が11便、山口宇部が2便・残り1便は小松となっています。
PP単価においては、6円台が1便→10便、7円台は27便→42便、8円台は58便→81便となっており、12月搭乗分は大きく改善されました。
設定便数も相変わらず発着空港別でナンバーワンの367便ですし、他空港からの接続もしやすい札幌(新千歳)は今回も見逃せない発着地です。

今年の最後となる12月搭乗分ですので2020年プラチナステータス獲得のラストスパートの参考になりますし、設定期間は2021年1月5日までになっていますので、2021年SFC修行のファーストフライトにも利用可能なので参考にしては如何でしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント