福岡発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 福岡BEST30

先月末に発表されたANA VALUE TRANSIT28(12月搭乗分)2020年12月1日〜2021年1月5日の中から、羽田発着大阪発着名古屋発着とBEST30の記事を出してきましたが、今回は福岡発着のBEST30を紹介します。
全設定路線についてはPP単価BEST100の記事がありますので以下の記事をご覧ください。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください

福岡発着

福岡発着の設定路線数は182路線(前月比+7)が設定され、11月分と比較すると若干ですが増加となりました。
PP単価10円を下回る路線は11路線(前月比+1)となっており、先月から1便ですが増加となり改善しました。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)3156 / 77715,0001,8298.20
2札幌(千歳)名古屋(中部)福岡706 / 315916,2001,8828.61
3福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3864 / 483716,5001,8828.77
4福岡名古屋(中部)札幌(千歳)432 / 70317,0001,8829.03
5札幌(千歳)名古屋(中部)福岡4830 / 386317,1001,8829.09
6福岡沖縄石垣1209 / 244914,4001,5759.14
7札幌(千歳)東京(羽田)福岡50 / 24719,1002,0159.48
8福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)426 / 98317,4001,8299.51
9福岡名古屋(中部)札幌(千歳)434 / 70718,0001,8829.56
10福岡沖縄石垣1203 / 176515,6001,5759.90
11福岡沖縄石垣1207 / 177715,6001,5759.90
12福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)420 / 77118,5001,82910.11
13福岡東京(羽田)釧路254 / 477321,1002,08210.13
14旭川東京(羽田)福岡4782 / 384721,6002,11410.22
15福岡大阪(伊丹)青森420 / 185116,5001,61410.22
16青森大阪(伊丹)福岡1856 / 42916,5001,61410.22
17釧路東京(羽田)福岡4772 / 25321,3002,08210.23
18札幌(千歳)名古屋(中部)福岡710 / 386719,4001,88210.31
19福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3160 / 483519,4001,88210.31
20石垣沖縄福岡1764 / 249816,3001,57510.35
21石垣沖縄福岡1766 / 120816,3001,57510.35
22稚内札幌(千歳)福岡4842 / 29020,6001,97910.41
23札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡778 / 42919,1001,82910.44
24福岡東京(羽田)札幌(千歳)266 / 473921,2002,01510.52
25帯広東京(羽田)福岡4766 / 26521,5002,03910.54
26札幌(千歳)東京(羽田)福岡58 / 25721,5002,01510.67
27旭川東京(羽田)福岡4784 / 385122,6002,11410.69
28札幌(千歳)名古屋(中部)福岡712 / 44920,2001,88210.73
29福岡東京(羽田)札幌(千歳)254 / 7121,7002,01510.77
30福岡東京(羽田)札幌(千歳)3846 / 472921,7002,01510.77

ほぼ8割に当たる23便が北海道方面、5便が石垣、残りの2便が青森路線となりました。
北海道方面の大半の17便が札幌(新千歳)路線となっておりPP単価が10円を切る便は11便となっており、先月の10便より1便増加となりました。

福岡-大阪(伊丹)-札幌(新千歳)

FUK-ITM-CTS
Great Circle Mapper

バリュートランジット28の福岡発着12月搭乗分での第1位は、この福岡-大阪(伊丹)-札幌(新千歳)になります。
PP単価は福岡発着では優良なPP単価である8円台前半の8.20円ですが、先月1位だった福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)の8.13円から若干悪化してしまいました。
福岡発着の札幌(新千歳)路線は、この大阪(伊丹)経由の他に名古屋(中部)と東京(羽田)経由を含め、BEST30に17便もランクインしており選択の幅が広い路線になっています。
獲得PPは大阪(伊丹)経由が1,829名古屋(中部)経由が1,882東京(羽田)経由が2,015となっていますので、この獲得PPの違いを注意しながら利用することをお勧めいたします。

福岡-沖縄(那覇)-石垣

FUK-OKA-ISG
Great Circle Mapper

福岡発着12月搭乗分の沖縄方面最上位が、第6位の福岡-沖縄(那覇)-石垣になります。
PP単価は9.14円となっており、先月は9.46円、先々月は9.90円でしたので、3ヶ月連続で改善されていて良い傾向なのですが、今月はランクインした便数が5便と先月の10便から半減してしまいました。
獲得PPは1,575PPとランクインした路線の中では最小の獲得PPとなってます。

福岡-大阪(伊丹)-青森

FUK-ITM-AOJ
Great Circle Mapper

12月搭乗分の中で、沖縄・北海道方面以外の行き先で唯一ランクインしたのがこの福岡-大阪(伊丹)-青森です。
この路線は、先月もランクインしており往路/復路とも12位と13位だったのですが、今月は15位と16位とランクを下げてしまいまいましたが、PP単価は先月と同じく10.22円と変化はありません。
獲得PP数は1,614PPと上記の石垣と比較すると若干多いのですが、やっぱり少々物足りない獲得プレミアムポイントとなってます。

同時期のプレミアム28

福岡発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく2020年12月1日〜2021年1月5日の設定なのでご注意ください。

福岡発着BEST30は先月と比較すると1位のPP単価は若干悪化しましたが、PP単価10円以下の便が11便と1便だけですが増加しましたし、30位のPP単価は11.68円から11.25円となっているので、BEST30のランキングとしては単価面では改善されたのではないでしょうか。
路線としては、石垣の5便、青森が2便、残りは北海道方面がほぼ8割の23便(うち17便が札幌)となっており、北海道方面が非常に熱い福岡発着の12月搭乗分のランキングとなりました。

今年の最後となる12月搭乗分ですので2020年プラチナステータス獲得のラストスパートの参考になりますし、設定期間は2021年1月5日までになっていますので、2021年SFC修行のファーストフライトにも利用可能なので参考にしては如何でしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント