沖縄(那覇)発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 沖縄(那覇)BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(12月搭乗分)2020年12月1日〜2021年1月5日から、羽田大阪名古屋福岡札幌のBEST30をまとめてきました。
そして今回はいよいよ修行の聖地・沖縄(那覇)のBEST30を紹介します。

全設定路線のPP単価12月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

また、バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP)についてはこちらの記事をご覧ください

沖縄(那覇)発着

沖縄(那覇)発着の設定路線数は185路線(前月比+5)が設定され、僅かですが増加となりました。
PP単価10円を下回る路線は144路線(前月比+9)となっており、先月に続きこちらも増加となりました。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1小松東京(羽田)沖縄754 / 47310,3002,1924.70
2小松東京(羽田)沖縄756 / 47910,7002,1924.88
3庄内東京(羽田)沖縄398 / 47511,6002,2035.27
4沖縄東京(羽田)庄内464 / 39712,1002,2035.49
5秋田東京(羽田)沖縄404 / 47112,8002,2945.58
6沖縄東京(羽田)能登462 / 74912,2002,1865.58
7能登東京(羽田)沖縄748 / 47312,2002,1865.58
8富山東京(羽田)沖縄316 / 47312,2002,1405.70
9秋田東京(羽田)沖縄406 / 47513,3002,2945.80
10沖縄東京(羽田)秋田462 / 40513,3002,2945.80
11大館能代東京(羽田)沖縄720 / 47313,7002,3475.84
12富山東京(羽田)沖縄320 / 47912,7002,1405.93
13小松東京(羽田)沖縄752 / 46913,4002,1926.11
14函館東京(羽田)沖縄554 / 47516,2002,5126.45
15沖縄東京(羽田)庄内460 / 39514,4002,2036.54
16沖縄東京(羽田)稚内460 / 57119,0002,8946.57
17庄内東京(羽田)沖縄396 / 46914,6002,2036.63
18沖縄東京(羽田)小松996 / 75514,7002,1926.71
19沖縄大阪(伊丹)青森1168 / 185315,5002,2926.76
20札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 47517,9002,6416.78
21函館東京(羽田)沖縄556 / 109717,1002,5126.81
22札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄4830 / 246517,3002,5346.83
23札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47718,1002,6416.85
24富山東京(羽田)沖縄312 / 99514,7002,1406.87
25札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712 / 173717,3002,5076.90
26札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄706 / 246917,5002,5346.91
27松山大阪(伊丹)沖縄1636 / 76512,1001,7466.93
28松山大阪(伊丹)沖縄1638 / 76712,1001,7466.93
29札幌(千歳)東京(羽田)沖縄66 / 109718,4002,6416.97
30沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6718,5002,6417.00

沖縄(那覇)発着BEST30は北海道方面が10便、東北方面が9便、北陸方面が9便、残り2便が松山路線となっています。
11月分に続き12月分も多方面に分散したランキングになりました。
PP単価も第1位は4円台で、BEST30全てが7円以下となる、さすがKING of VALUE-TRANSITの呼び声高い沖縄(那覇)ですね。

小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)

沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)発着12月搭乗分の第1位はこの小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)です。
この路線は全国ランキング第1位の路線であり、PP単価は驚愕の4.70円となってます。
12月搭乗分での4円台は2便ありますが、2便とも小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)になり、獲得PPも2,192PPと魅力的な値です。
ちなみに反対の便である沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松は18位(PP単価6.71円)にランクインしているので、往復平均だと平均PP単価5.70円となり、PP単価5円台で往復が可能です。
獲得PPは4,384PPと4,000オーバーのプレミアムポイントが獲得可能ですので、PP単価・獲得PP数の両面でオススメ出来る路線となってます。

庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)

庄内ー羽田ー那覇
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)発着12月搭乗分の第3位は庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)です。
この路線は先月まで3ヶ月連続の第1位の路線でしたが、今月は先ほど紹介した小松路線にトップの座を明け渡してしまいました。
PP単価は5.27円と先月の5.04円からやや悪化してしまいましたが、5円台前半というまだまだ魅力溢れるPP単価になっており、獲得PPも2,203PPと戦闘力の高い路線であります。
ちなみに往復で考えると、反対の便である沖縄(那覇)-東京(羽田)-庄内が4位(PP単価5.49円)と上位にランクインしているので、往復平均だと平均PP単価5.38円となり、往復前提の場合は1位の小松路線を利用した場合より改善する結果となります。
PP単価5円台前半で日帰り往復が可能な上、獲得PPは4,406PPを獲得出来るかなりオススメな路線となっています。
PP単価では第3位に甘んじたものの、実質的な使い勝手ではこの路線が第1位と言っても良さそうです。

沖縄(那覇)-東京(羽田)-稚内

OKA-HND-WKJ
Great Circle Mapper

今月の沖縄(那覇)発着で最大の獲得プレミアムポイントの路線が、16位にランクインした沖縄(那覇)-東京(羽田)-稚内です。
獲得PPは2,894PPで、あと少しで3,000PPと大量のプレミアムポイントを獲得できる路線です。
PP単価は6.57円で6円台中ばという優秀なPP単価になっており、南の島である沖縄(那覇)から日本の最北の地である稚内を結ぶ日本列島を縦断するフライトですので一度は乗ってみたいルートです。
しかしこの路線、復路となる稚内-東京(羽田)-沖縄(那覇)の設定が無く、他の経由地も無い為バリュートランジットを利用した単純往復が出来ません。
以前に紹介した記事でお伝えしたように、夏ダイヤまでは非常にオススメ出来る路線でしたが、片道だけの設定では利用するには少し工夫が必要になりますので、12月搭乗分でこの路線を利用した修行に適した良いルートが見つかれば、近いうちに紹介したいと思います。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく2020年12月1日〜2021年1月5日の設定なのでご注意ください。

今月の沖縄(那覇)発着のBEST30は全ての便が全国ランキングBEST50に入っているかなり優良路線でした。
先月と比較するとPP単価は改善され、PP単価4円台が2便も出現し30位でも7.00円というBEST30のランキングになっており、PP単価10円以下の路線も増加するなど、素晴らしい改善が見られた12月搭乗分となってます。
沖縄拠点の修行僧の方はもちろんですが、沖縄拠点以外の修行僧でも各地から沖縄(那覇)にアクセスが容易な為、那覇発のこれらの便に接続する事でルーティングも簡単です。
沖縄(那覇)発着のバリュートランジット28は全国各地の発着地からでも効率よく活用出来るのではないでしょうか。

今年の最後となる12月搭乗分ですので2020年プラチナステータス獲得のラストスパートの参考になりますし、設定期間は2021年1月5日までになっていますので、2021年SFC修行のファーストフライトにも利用可能なので参考にしては如何でしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント