福岡発着BEST30(7月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 福岡PP単価BEST30

先月末に発表されたANA VALUE TRANSIT28(7月搭乗分)2022年7月1日〜7月31日の中から、今回は福岡発着のBEST30の紹介になります。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線についてはPP単価BEST100の記事がありますので以下の記事をご覧ください。

本記事では、その7月搭乗分の中から福岡発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数を以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

福岡発着

福岡発着の設定路線数は198路線(前月比+4)が設定され、前月に続いて連続の微増となりました。
が、PP単価10円を下回る路線は2路線(前月比-1)となり、設定数はジワジワ増えているものの上位の路線は微減が続いています。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)の場合は、110円+440円x2+270円=1,260円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡772 / 315516,7001,8299.139.71
2福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)426 / 77918,1001,8299.9010.48
3稚内札幌(千歳)福岡4842 / 29022,1001,97911.1711.50
4福岡札幌(千歳)女満別289 / 486522,1001,94511.3611.70
5福岡札幌(千歳)釧路289 / 487322,1001,92711.4711.81
6札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡774 / 42521,7001,82911.8612.44
7函館札幌(千歳)福岡4854 / 29022,1001,85811.8912.24
8福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3862 / 71522,8001,88212.1112.78
9小松東京(羽田)福岡542 / 163519,0001,56612.1312.68
10小松東京(羽田)福岡544 / 163919,0001,56612.1312.68
11福岡大阪(伊丹)青森420 / 185120,2001,61412.5213.00
12福岡大阪(伊丹)青森426 / 185520,2001,61412.5213.00
13青森大阪(伊丹)福岡1856 / 42920,2001,61412.5213.00
14福岡大阪(伊丹)新潟420 / 165716,3001,30112.5313.14
15福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)420 / 77323,0001,82912.5813.15
16小松東京(羽田)福岡548 / 164519,8001,56612.6413.19
17札幌(千歳)名古屋(中部)福岡4830 / 386323,9001,88212.7013.37
18青森大阪(伊丹)福岡1852 / 315520,6001,61412.7613.25
19福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3160 / 483524,1001,88212.8113.48
20福岡大阪(伊丹)青森3156 / 185321,0001,61413.0113.50
21福岡名古屋(中部)札幌(千歳)434 / 70724,7001,88213.1213.79
22福岡大阪(伊丹)新潟422 / 165917,1001,30113.1413.75
23福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)3156 / 114324,5001,82913.4013.97
24福岡東京(羽田)札幌(千歳)268 / 474327,3002,01513.5514.10
25福岡東京(羽田)札幌(千歳)266 / 473927,4002,01513.6014.15
26札幌(千歳)名古屋(中部)福岡712 / 44926,1001,88213.8714.54
27仙台大阪(伊丹)福岡738 / 42919,8001,42413.9014.62
28小松東京(羽田)福岡1150 / 164921,8001,56613.9214.46
29福岡仙台札幌(千歳)3115 / 122926,6001,89914.0114.45
30福岡大阪(伊丹)秋田422 / 165320,9001,48814.0514.58

第1位の路線は前月と全く変わらず、実PP単価10円以下が1便だけも前回同様です。
30位も便は違えどPP単価はなんの偶然か全く変わらず、1位と30位のPP単価は変わらないのですが、PP単価10円以下の便数は減るなど、中間部分がやや下にシフトした感じです。
方面の内訳は、札幌(新千歳)路線が13便(前月比-4便)と減少した一方で前回減った札幌(新千歳)以外の北海道方面路線が4便(前月比+2便)とやや持ち直し、青森が5便(前月比+2便)と増やし、秋田・仙台が各1便です。
北陸の雄である小松が4便(前月比+1便)はあまり変化なく、方面分布はほとんど北海道一色の様相であまり変化はありません。

札幌(新千歳)-大阪(伊丹)-福岡

FUK-ITM-CTS
Great Circle Mapper

4月から連続でNo.1に輝き続ける札幌(新千歳)-大阪(伊丹)-福岡です。
PP単価に変化はなく、実PP単価でギリギリ10円以下という嬉しく無いパフォーマンスです。
バリュートランジットで福岡発着を組むならこの路線でしか10円以下のPP単価は実現できず、唯一無二とも言える存在で、あっと驚く路線ではありませんが安定の路線とも言えます。
2位の往路は残念なことにPP単価が悪化しました。
往復での獲得獲得PP数は3,658PPで平均PP単価は9.51円(前回9.35円)と悪化は軽微で、まだ今回も使える路線と言えます。
前回は3位以降にも多数のラインナップがありましたが、次点は6位からとなっていてフレキシブルに旅程を組めるメリットは健在ですが、PP単価の悪化度合いが増してしまいます。

小松-東京(羽田)-福岡

Great Circle Mapper

北海道方面がズラリと並ぶランキングにおいて小松-東京(羽田)-福岡が頑張りを見せています。
頑張っていると言っても9位(PP単価12.13円)と手放しでは喜べる数値では無く、往路に至っては46位(PP単価13.92円)と残念な状況です。
獲得PP数は往復で3,132PPと多すぎず少なすぎず微妙な獲得に対して、往復平均PP単価は13.38円とぐうの音も出ませんが、北海道ばかりじゃせっかくの修行体験がワンパターンになりがちなところに北陸の選択肢があるのは良い事です。
小松からさらに路線を伸ばすなら良好なPP単価路線に繋げそうです。

福岡-大阪(伊丹)-青森

FUK-ITM-AOJ
Great Circle Mapper

福岡-大阪(伊丹)-青森も前回同様に頑張っていて前回よりランキングは下げましたが11位(前回7位)に入り奮闘しています。
13位(11位タイ)の復路と組み合わせてPP単価12.52円とそこそこの頑張りで、前述の小松よりも往復ではパフォーマンスが上がります。
青森も往復合わせて5便ランクインしているので旅程の柔軟さもあり使いやすさに於いても小松以上と言えそうです。
往復での獲得PP数は3,228PPは、北海道と比べてしまうと物足りません。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

福岡発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

前回同様に北海道方面が変わらず幅を利かせ青森・秋田といった東北勢が食い込むランキングになりました。
小松もなかなか上位ではありますが往復で組みにくく、7月の福岡発着は札幌(新千歳)か東北の選択が良さそうです。
全体的に変化に乏しいランキングで、全国的にPP単価が悪化している中にあっては踏みとどまったかんが嬉しいポイントですが、イマイチ感も同時に感じさせます。
前回も述べましたが、PP単価10円以下はわずか2便(実PP単価では1便)という惨憺たる状況ではバリュートランジット以外で考えるべきで、北九州・佐賀・山口宇部発着あたりも含めて考える必要がありそうです。
その場合、地上移動に掛かる費用も勘案しなければいけませんので慎重な旅程構築が必要です。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント