小松発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[2023年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 小松BEST30

先日ANA VALUE TRANSIT28(1月搭乗分)2023年1月1日〜1月31日が発表されました。
その(全設定路線)PP単価12月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

本記事では、その中から影の王者と言える小松発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

小松発着

小松発着の設定路線数は176路線(前月比-1便)が設定され、やや設定数を減らしました。
PP単価10円を下回る路線は21路線(前月比+5便)と前回の大幅増加からは足踏みしましたが、ほぼ前回同様のレベルを保ちました。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 沖縄-東京(羽田)-小松の場合は、240円+370円x2+0円=980円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1小松東京(羽田)沖縄756 / 47912,8002,1925.846.29
2小松東京(羽田)沖縄752 / 46913,8002,1926.306.74
3小松東京(羽田)沖縄754 / 47314,4002,1926.577.02
4沖縄東京(羽田)小松996 / 75516,5002,1927.537.97
5沖縄東京(羽田)小松472 / 75917,4002,1927.948.39
6小松東京(羽田)広島756 / 68511,4001,3378.539.08
7大阪(神戸)東京(羽田)小松412 / 7539,8001,1368.639.28
8名古屋(中部)東京(羽田)小松86 / 7538,8001,0058.769.93
9大阪(関西)東京(羽田)小松96 / 75310,1001,1368.899.93
10鹿児島東京(羽田)小松2472※1/ 75314,7001,6179.099.55
11大阪(伊丹)東京(羽田)小松16 / 75310,5001,1369.2410.19
12小松東京(羽田)札幌(千歳)758 /4739※513,9001,4819.3910.07
13小松東京(羽田)女満別752 /4777※515,6001,6299.5810.03
14小松東京(羽田)鹿児島752 / 62315,5001,6179.5910.04
15小松東京(羽田)鹿児島754 /2475※115,5001,6179.5910.04
16秋田東京(羽田)小松402 / 75311,1001,1349.7910.44
17小松東京(羽田)秋田756 / 40911,1001,1349.7910.44
18小松東京(羽田)広島752 / 67713,1001,3379.8010.35
19小松東京(羽田)広島754 / 67913,1001,3379.8010.35
20小松東京(羽田)釧路752 / 74115,2001,5489.8210.30
21北九州東京(羽田)小松3872※3/ 75315,0001,5179.8910.44
22大阪(関西)東京(羽田)小松3824※3/ 75511,4001,13610.0411.07
23大阪(関西)東京(羽田)小松3826※3/ 75911,4001,13610.0411.07
24小松東京(羽田)旭川752 /4783※515,9001,58010.0610.53
25釧路東京(羽田)小松742 / 75515,6001,54810.0810.56
26松山東京(羽田)小松582 / 75313,9001,37310.1210.66
27鹿児島東京(羽田)小松626 / 75516,4001,61710.1410.60
28鹿児島東京(羽田)小松628 / 75916,4001,61710.1410.60
29小松東京(羽田)鹿児島756 / 62916,4001,61710.1410.60
30佐賀東京(羽田)小松452 / 75316,2001,59210.1810.64
※1ソラシドエア運行 ※2IBEXエアラインズ運行 ※3スターフライヤー運行 ※4オリエンタルエアブリッジ運行 ※5エアドゥ運行

1位のPP単価は6.71円→5.84円と1円近い改善、30位も11.34円→10.18円と大きな改善で幸先が良い1月で、ある意味で本来の小松発着が本領発揮したといえます。
PP単価分布は、5円台がめでたく復活し1便(前月比+1)・6円台2便(前々月比+1)・7円台2便(前々月比+1)・8円台4便(前々月比-6)・9円台12便(前々月比+8)です。

便数前月比
女満別1+1
旭川1+1
釧路2+2
札幌(新千歳)1+1
秋田2+2
名古屋(中部)1±0
大阪3空港伊丹1関西3神戸1伊丹-2関西-4神戸±0
広島3+1
松山1+1
北九州1-3
佐賀1±0
鹿児島6+1
沖縄(那覇)5±0

方面分布は、沖縄(那覇)が5便(前月比±0)・鹿児島が5便(前月比+1)と変わらず強く、北海道方面や秋田などが少ないながら増加の一方、大阪3空港が5便(前月比-6)と大きく減らし、いつも不安定な増減を見せる山口宇部は0便(前月比-3)となりました。
沖縄(那覇)最強は変わらず、全体的に北海道・九州方面が充実した印象の中、広島や松山がランクインしているのは面白いところです。

同時期のプレミアム28

沖縄(那覇)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

1月の小松発着は、5円台が復活した沖縄は変わらず強い一方、大阪3空港や名古屋(中部)がそこそこ上位に入りました。
大阪や名古屋は獲得PP数が少ないのが難点で、逆に沖縄・九州・北海道はソコソコの獲得数なので、それぞれの狙いに合わせた選択ができそうで、小松発着はその期待に応えます。
往復を組む場合も断然沖縄(那覇)で、最上位同士で組んだ場合のPP単価は6.68円と誰しもが納得のPP単価です。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント