名古屋(中部)発着BEST30(10月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 名古屋PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

PP2倍キャンペーンが終わる(予定の)10月搭乗分のANA VALUE TRANSIT28(10月搭乗分)2021年10月1日〜10月30日についてPP単価BEST100の記事を書きました。

本記事では、その10月搭乗分の中から名古屋(中部)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数を以下の記事でまとめまてあります。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

スポンサーリンク

名古屋(中部)発着

名古屋(中部)発着の設定路線数は49路線(前月比-1)が設定され、大幅な変化はありません。
PP単価10円を下回る路線は23便(-2)となっており、こちらもあまり変化がなく、10月の名古屋ベースSFC修行は安定した設定が続きます。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 中標津-札幌(新千歳)-名古屋(中部)の場合は、0円+270円x2+440円=980円となります。

それではBEST30をご覧ください。


出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1石垣沖縄名古屋(中部)1764 / 30416,2001,9838.17
2石垣沖縄名古屋(中部)1768 / 30616,2001,9838.17
3名古屋(中部)沖縄石垣2521 / 244916,5001,9838.32
4名古屋(中部)沖縄宮古309 / 172915,7001,8788.36
5中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4882 / 70613,9001,5888.75
6女満別札幌(千歳)名古屋(中部)4862 / 70614,3001,5439.27
7名古屋(中部)東京(羽田)小松86 / 7539,5001,0059.45
8名古屋(中部)札幌(千歳)女満別4835 / 486714,6001,5439.46
9沖縄福岡名古屋(中部)1200 / 385816,8001,7669.51
10沖縄福岡名古屋(中部)1202 / 386016,8001,7669.51
11沖縄福岡名古屋(中部)1204 / 316016,8001,7669.51
12沖縄福岡名古屋(中部)1206 / 386416,8001,7669.51
13沖縄福岡名古屋(中部)1210 / 386616,8001,7669.51
14沖縄福岡名古屋(中部)1212 / 386816,8001,7669.51
15名古屋(中部)福岡沖縄3159 / 121117,0001,7669.63
16名古屋(中部)福岡沖縄3865 / 120917,0001,7669.63
17名古屋(中部)福岡沖縄3867 / 121517,0001,7669.63
18名古屋(中部)福岡沖縄3869 / 121717,0001,7669.63
19名古屋(中部)札幌(千歳)函館4835 / 485714,1001,4569.68
20中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4886 / 71415,5001,5889.76
21稚内札幌(千歳)名古屋(中部)4844 / 71415,5001,5779.83
22名古屋(中部)福岡沖縄3861 / 120717,4001,7669.85
23名古屋(中部)札幌(千歳)函館701 / 485314,5001,4569.96
24女満別札幌(千歳)名古屋(中部)4866 / 71215,5001,54310.05
25沖縄鹿児島名古屋(中部)2484 / 35216,8001,65910.13
26釧路札幌(千歳)名古屋(中部)4876 / 71415,5001,52510.16
27名古屋(中部)札幌(千歳)中標津703 / 488316,5001,58810.39
28名古屋(中部)熊本沖縄331 / 186717,8001,70310.45
29中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4884 / 71016,8001,58810.58
30函館札幌(千歳)名古屋(中部)4858 / 71415,5001,45610.65

BEST30のうち沖縄方面が17便・北海道方面が12便・残りの1便は小松路線となり、方面別内訳は前月と変わりありません。

名古屋(中部)-沖縄(那覇)-石垣

Great Circle Mapper

名古屋(中部)発着10月搭乗分の第1位は石垣-沖縄(那覇)-名古屋(中部)です。
前月は名古屋(中部)発の便が1位だったので路線的には変化なしですが、前月のPP単価8.32円から改善し8.17円になりました。
獲得PPはANA就航最西端の空港と結ぶ路線である事で1,983ポイントと、名古屋(中部)発着では最大規模のプレミアムポイントを獲得する事が可能です。

往復で考えると3位の往路を使って往復旅程が構築できます。
平均PP単価は8.25円(前月8.32円)で3,966ポイントを獲得する事が可能となります。
同路線は2位も同点1位ですから、使い勝手も上々です。

女満別-札幌(新千歳)-名古屋(中部)

NGO-CTS-MMB
Great Circle Mapper

次に紹介するのは、PP単価9.27円で6位にランクインした女満別-札幌(新千歳)-名古屋(中部)です。
石垣とは真逆に道東方面に向かう便は先月同様に中標津がPP単価が良いのですが、毎度の様に中標津ばかり紹介しても芸がないので、今回は方面・獲得PP数・PP単価どれも近い女満別を紹介します。
獲得PP数は1,543PPと中標津より45PP少なくなりますが、このくらいの差であれば気分一心で違った空港に降りてみるのも面白そうです。

往復で組む場合、8位にランクインしている往路と組み合わせ、獲得PP数3,086PP・平均PP単価9.36円(合計運賃28,900円)で組み立てることができます。
ちなみに中標津は獲得PP数3,176PP・平均PP単価9.26円(合計運賃29,400円)ですので、数値絶対主義であればこちらが選択肢です。

名古屋(中部)-東京(羽田)-小松

KMQ-HND-NGO
Great Circle Mapper

北海道・沖縄方面が席巻する名古屋発着ランキングにおいてひときわ異彩を放ち、堂々の9円台の名古屋(中部)-東京(羽田)-小松です。
獲得PP数1,005PP・PP単価9.45円と平凡に感じるこの路線の最大の魅力は持ち出しの少なさです。
獲得PP数は北海道・沖縄方面と比べるまでもなく、PP単価も際立って良いわけではありません。
しかし、10月ともなれば「仕上げの一本」を考える人も多いでしょう。
獲得PPを盛大にオーバーしては無駄ですし、最終費用の増大を招きます。
もし最終フライトで1,005PP以下で済む位置にいる場合、10,000円を下回るこの便の出番と言えます。
ただしこの路線、毎度のことですがVT28では復路の設定がありません。
鉄道で戻ったりスーパーバリュー等を組み合わせて戻るなど工夫が必要な路線でもあります。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

名古屋(中部)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

先月は一気に22便の増加で歓喜した名古屋(中部)発着ですが、今月もさほど変わらず良い状態をキープしていると言えます。
今回は紹介しなかった福岡経由の沖縄(那覇)も相変わらず設定便数が多く、使い勝手・PP単価共に捨てたっものではありません。
PP2倍キャンペーンがなくなると途端に8円台が関の山となる名古屋発着ですが、思いの外8〜9円台が多めに設定されています。
ぜひランキングを参考にしてください。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント