[SFC修行]沖縄(那覇)へ当日往復可能なANA発着地全13空港

沖縄(那覇) 当日往復可能路線

昨日、残業時間(夕方以降という意味です)に往復可能な羽田-那覇ルートを紹介しましたが、SFC修行僧にとって沖縄(那覇)路線は無くてはならない存在と言っても過言ではありません。
その重要な沖縄(那覇)路線ですが、全国各地からの沖縄(那覇)への路線はANAでは19路線存在します。
その中で那覇空港の最低乗継時間(30分)を考慮して検索すると、当日往復が可能な路線は13路線あり、今回はその13路線ピックアップし紹介します。
冬ダイヤ(2020年10月25日〜2021年3月27日)に於ける普通席(運賃7)・プレミアムクラス(運賃2)それぞれの最安運賃・獲得PP・PP単価も掲載します。
(最安運賃は旅客施設使用料を含みません)
これまで主要空港発着ばかりフィーチャーしてきましたが、全国各地からのSFC修行僧の参考になり得ると思います。

東京(羽田)

HND-OKA
Great Circle Mapper

東京(羽田)空港からは最多となる1日当たり11往復(22便)の設定数を誇り、1日2往復も可能なこの路線は修行僧の中では定番中の定番です。
プレミアムクラスも全ての便で設定されていますので、どの便に搭乗しても一気に大量のプレミアムポイントが獲得可能です。
機材も大型機のB777-200(772)からA321(321)までバリエーション豊富な路線となっています。
始発と最終便を利用すれば、滞在時間約12時間にもなるので、日帰り旅行も充分に堪能できます。

時刻表(羽田-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
羽田-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥8,0001,4765.42
那覇-羽田スーパーバリュー(運賃7)¥7,9001,4765.35
羽田-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥28,8002,86010.07
那覇-羽田プレミアムクラス(運賃2)¥29,4002,86010.28
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

大阪(伊丹・関西・神戸)

ITM_KIX_UKB-OKA
Great Circle Mapper

大阪(伊丹・関西・神戸)空港からは3空港合計で1日当たり10往復(20便)の設定数となっています。
内訳は伊丹が3往復、関西が4往復、神戸が3往復となり、各空港からでももちろん日帰りが可能ですし、1日2往復も可能となっています。
伊丹と関西においては全ての便でプレミアムクラスが設定されていますが、神戸発着は全ての便がソラシド運行となっており、プレミアムクラスの設定はありません。
機材は伊丹は772とB787-8(78P)、関西と神戸は全てB737-800(738/73L)となっています。

時刻表(大阪-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
大阪3空港-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥8,0001,1087.22
那覇-大阪3空港スーパーバリュー(運賃7)¥7,8001,1087.04
大阪3空港-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥27,9002,24712.42
那覇-大阪3空港プレミアムクラス(運賃2)¥27,9002,24712.42
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

名古屋(中部)

NGO-OKA
Great Circle Mapper

名古屋(中部)空港からは合計で1日当たり4往復(8便)の設定されており、うち2往復(4便)はソラシド運行となっています。
設定路線数が少ないにもかかわらず1日2往復が可能となっており、なかなか使い勝手が良い路線となっています。
プレミアムクラスの設定はANA運行の2往復(4便)のみであり、機材はANAがB737-800(73H)・ソラシド運行が73Lと、全てB737-800型です。

時刻表(名古屋-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
中部-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥10,1001,2138.33
那覇-中部スーパーバリュー(運賃7)¥13,0001,21310.72
中部-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥29,8002,42212.30
那覇-中部プレミアムクラス(運賃2)¥33,4002,42213.79
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

広島

OKA-HIJ
Great Circle Mapper

広島空港からは、1日1往復のみ設定となっており機材は738です。
プレミアムクラスも往復共に設定されており、食事は往路が昼食、復路は軽食となりますので、往復利用の場合でも飽きずに楽しめそうです。
沖縄(那覇)での滞在時間は2時間30分となりますので、少々の観光も可能なのではないでしょうか。

時刻表(広島-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
広島-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥10,60097510.87
那覇-広島スーパーバリュー(運賃7)¥10,60097510.87
広島-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥20,4002,02510.07
那覇-広島プレミアムクラス(運賃2)¥20,4002,02510.07
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

岩国

OKA-IWK
Great Circle Mapper

岩国空港からも、1日1往復のみ設定となっており機材は73Hとなります。
プレミアムクラスは往復共に設定されており、広島線と同じく時間帯で変わるプレミアムクラスの食事は往路が昼食、復路は軽食となります。
沖縄(那覇)での滞在時間は1時間50分となっており、観光にはやや厳しい時間なので、空港内で沖縄の雰囲気を感じては如何でしょうか。

時刻表(岩国-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
岩国-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥10,60092111.51
那覇-岩国スーパーバリュー(運賃7)¥10,60092111.51
岩国-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥20,4001,93510.54
那覇-岩国プレミアムクラス(運賃2)¥20,4001,93510.54
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

高松

OKA-TAK
Great Circle Mapper

唯一の四国から沖縄(那覇)へ日帰り可能な高松空港からは、1日1往復のみ設定となっています。
機材は321となり、プレミアムクラスも設定されています。
沖縄(那覇)での滞在時間はたったの40分となっていますので、観光はもちろん空港の外にも出ることは出来ないので完全無欠の沖縄タッチになります。

時刻表(高松-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
高松-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥10,2001,01510.05
那覇-高松スーパーバリュー(運賃7)¥10,2001,01510.05
高松-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥20,4002,0929.75
那覇-高松プレミアムクラス(運賃2)¥20,4002,0929.75
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

福岡

FUK-OKA
Great Circle Mapper

福岡空港からは1日当たり9往復(18便)とかなり大量の便数が設定されており、他の主要空港と同じく1日2往復が可能な路線です。
9往復中でソラシド運行が1往復設定され残りはANA運行となっており、ANA便の全てでプレミアムクラスが設定されています。
機材はソラシド運行便も含めて全てB737-800となっており、少々バリエーションの少なさを感じますが、738・73H・73Lの仕様の違いをマニアックな目線であれば楽しめそうです。
沖縄(那覇)に滞在可能な時間が最長で11時間にもなるので、日帰り旅行も充分に可能です。

時刻表(福岡-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
福岡-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥8,80080510.93
那覇-福岡スーパーバリュー(運賃7)¥8,50080510.56
福岡-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥20,9001,74212.00
那覇-福岡プレミアムクラス(運賃2)¥20,6001,74211.83
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

熊本

OKA-KMJ
Great Circle Mapper

熊本空港から沖縄(那覇)へは1日1往復のみの設定で選択の余地はありません。
機材は往復ともに738で、プレミアムクラスも設定されています。
沖縄(那覇)での滞在時間は2時間25分となっていますので、少々の観光なら不可能ではありませんが、不安な方は空港で沖縄料理を堪能することも可能ですので、空港内で南の島を感じてみては如何でしょうか。

時刻表(熊本-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
熊本-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥9,10074112.28
那覇-熊本スーパーバリュー(運賃7)¥9,10074112.28
熊本-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥20,4001,63512.48
那覇-熊本プレミアムクラス(運賃2)¥20,4001,63512.48
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

長崎

OKA-NGS
Great Circle Mapper

長崎空港からも、1日1往復のみ設定となっており、機材は738です。
食事が提供されるプレミアムクラスも往復共に設定されていますので、飛行時間が1時間30〜40分あり食事も楽しめる時間はあるのではないでしょうか。
沖縄(那覇)での滞在時間は1時間55分となりますので、観光はするには少々厳しいかもしれませんので、こちらも空港内での滞在を楽しむのが第一候補でしょうか。

時刻表(長崎-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
長崎-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥10,40072614.33
那覇-長崎スーパーバリュー(運賃7)¥10,40072614.33
長崎-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥20,4001,61012.67
那覇-長崎プレミアムクラス(運賃2)¥20,4001,61012.67
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

宮崎

KMI-OKA
Great Circle Mapper

宮崎空港からは、ソラシド運行の1日1往復のみ設定となっています。
機材は73Lで、プレミアムクラスの設定はありません。
沖縄(那覇)での滞在時間は6時間と他の空港と比べると比較的長い時間なので、観光もそれなりに満喫できそうです。

時刻表(宮崎-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
宮崎-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥11,20068216.42
那覇-宮崎スーパーバリュー(運賃7)¥11,20068216.42
宮崎-那覇プレミアムクラス(運賃2)
那覇-宮崎プレミアムクラス(運賃2)
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

鹿児島

Great Circle Mapper

鹿児島空港からは、宮崎と同じくソラシド運行のみの路線となっていますが、こちらはの1日2往復(4便)の設定数があります。
全ての便でプレミアムクラスの設定はなく、機材はこちらも全て73Lです。
設定便が2往復あるので時間的に選択可能かと思いきや、当日往復可能な復路が19:50発のANA2485便のみになるので、往路は滞在時間が長くなる日帰り旅行向きの10:00発か、那覇タッチを狙って帰ってくる17:45発の2択になります。

時刻表(鹿児島-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
鹿児島-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥12,60064319.60
那覇-鹿児島スーパーバリュー(運賃7)¥12,60064319.60
鹿児島-那覇プレミアムクラス(運賃2)
那覇-鹿児島プレミアムクラス(運賃2)
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

宮古

OKA-MMY
Great Circle Mapper

宮古空港からは1日5往復(10便)が設定されており、1日2往復が可能な路線です。
全ての便がプレミアムクラスの設定があり、機材は738となっています。
沖縄県内を移動する短時間のフライトなのでプレミアムクラスで提供されるのは、食事ではなく菓子と飲み物の詰め合わせとなります。

時刻表(宮古-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
宮古-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥4,90026518.49
那覇-宮古スーパーバリュー(運賃7)¥4,90026518.49
宮古-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥11,20084213.30
那覇-宮古プレミアムクラス(運賃2)¥11,20084213.30
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

石垣

OKA-ISG
Great Circle Mapper

石垣空港からは1日当たり8往復(16便)が設定されており、なんと全国最多の1日3往復が可能な路線になっています。
1往復のみソラシド運行便がありますが、その他の便は全ての便がプレミアムクラスの設定があります。
ソラシド運行便も含めて機材は737-800となっています。
プレミアムクラスで提供されるものは、宮古路線と違い食事もしくは軽食となっています。
飛行時間は5分しか変わらないのにこの差はなんでしょうか?

時刻表(石垣-那覇)
ANA HPより

運賃・獲得PP・PP単価

最安運賃獲得PPPP単価
石垣-那覇スーパーバリュー(運賃7)¥5,30037014.32
那覇-石垣スーパーバリュー(運賃7)¥5,30037014.32
石垣-那覇プレミアムクラス(運賃2)¥10,2001,01710.03
那覇-石垣プレミアムクラス(運賃2)¥10,2001,01710.03
運賃は冬ダイヤ(20年10月25日〜21年3月27日)での最安値です

まとめ

沖縄(那覇)へ日帰り可能なANA路線をコードシェア便を含め全13路線を紹介しました。
SFC修行に有名な沖縄(那覇)路線ですが、主要空港はもちろんのこと、それ以外の発着地でも日帰り修行が可能な路線も多数あります。
ご自身のベースとなる空港からはもちろんのこと、上記で紹介した路線を有効活用し、自分の修行スタイルにあった沖縄(那覇)路線を探しては如何でしょうか。

使用機材の参考には以下の記事をご覧ください。

また、プレミアムクラスの方がPP単価が良い路線については以下の記事をどうぞ

滞在時間が多い場合は、いつも紹介している様に、沖縄(那覇)発でPP単価の良い路線の往復を挟み込む事で1日での獲得PP数を劇的に増加させることもできます。
SFC修行僧にとって、やはり沖縄は外せません。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント