沖縄(那覇)発着BEST30(4月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 沖縄PP単価BEST30

本記事は最新ではありません。
最新版の記事はこちら

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(4月搭乗分)2021年3月28日〜4月30日から、今回は修行の聖地・沖縄(那覇)のBEST30を紹介します。

全設定路線のPP単価4月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてあります。

また、バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP)についてはこちらの記事をご覧ください

スポンサーリンク

沖縄(那覇)発着

沖縄(那覇)発着の設定路線数は210路線(前月比+31)が設定され、大幅な増便となりました。
PP単価10円を下回る路線は150路線(前月比+67)と、こちらも大量に増加いたしました。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1庄内東京(羽田)沖縄398 / 47711,2002,2035.08
2秋田東京(羽田)沖縄406 / 47512,4002,2945.41
3沖縄東京(羽田)秋田994 / 40512,4002,2945.41
4沖縄東京(羽田)庄内460 / 39512,6002,2035.72
5札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712 / 173714,6002,5075.82
6沖縄東京(羽田)能登462 / 74912,9002,1865.90
7沖縄東京(羽田)庄内464 / 39713,1002,2035.95
8沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171315,0002,5075.98
9小松東京(羽田)沖縄754 / 47313,7002,1926.25
10沖縄東京(羽田)小松996 / 75514,0002,1926.39
11秋田東京(羽田)沖縄404 / 47115,0002,2946.54
12能登東京(羽田)沖縄748 / 47314,5002,1866.63
13沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)306 / 71516,9002,5346.67
14沖縄東京(羽田)大館能代464 / 72315,8002,3476.73
15大館能代東京(羽田)沖縄720 / 47315,8002,3476.73
16大館能代東京(羽田)沖縄722 / 109715,8002,3476.73
17沖縄東京(羽田)大館能代994 / 72115,8002,3476.73
18富山東京(羽田)沖縄316 / 47314,5002,1406.78
19沖縄名古屋(中部)秋田304 / 183915,0002,1836.87
20小松東京(羽田)沖縄756 / 47915,2002,1926.93
21富山東京(羽田)沖縄314 / 47115,0002,1407.01
22沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2520 / 483517,9002,5347.06
23札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄704 / 30518,0002,5347.10
24札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄706 / 30918,0002,5347.10
25沖縄大阪(伊丹)青森762 / 185316,3002,2927.11
26札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47719,0002,6417.19
27庄内東京(羽田)沖縄400 / 47916,0002,2037.26
28能登東京(羽田)沖縄750 / 47916,0002,1867.32
29札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 109519,4002,6417.35
30沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6519,7002,6417.46

沖縄(那覇)発着BEST30は北海道方面が9便、東北方面が13便、北陸方面が8便です。
毎月の事となりますが、沖縄(那覇)発着は行き先が豊富なBEST30となっています。
1位のPP単価が悪化してしまいましたが、そこはKING of VALUE-TRANSITと呼ばれる沖縄(那覇)ですので、30位でもPP単価7円台前半と優良な路線ばかりのランキングです。

庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)

庄内ー羽田ー那覇
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)発着4月搭乗分の第1位は、庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)です。
4ヶ月連続1位だった小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)を抜き1位の座を奪取しました。
PP単価は惜しくも4円台とはならず5.08円、PP単価は2,203ポイントです。
往路は4位のPP単価5.72円でランクインしており、往復で利用する事で平均PP単価5.40円でプレミアムポイントを4,406ポイント獲得する事が可能な優秀な路線です。
しかもこの組み合わせは、日帰りが可能な非常に使い勝手の良い路線となっています。

沖縄(那覇)-東京(羽田)-能登

沖縄(那覇)-東京(羽田)-能登
Great Circle Mapper

今月の北陸方面の最上位は沖縄(那覇)-東京(羽田)-能登です。
ランキングは6位でPP単価は5.90円と非常に優秀な路線となります。
復路便はPP単価6.63円で12位となっていますので、往復では平均PP単価6.27円・獲得PPは片道が2,186で往復合計4,372ポイントになります。
この組み合わせでは日帰りは不可能ですが、比較的週末の土日が安価な運賃となるようなので、週末に観光も含めた修行の方にはオススメの路線です。

沖縄(那覇)-大阪(伊丹)-青森

OKA-ITM-AOJ
Great Circle Mapper

最後は沖縄(那覇)-大阪(伊丹)-青森です。
ランキングは25位でPP単価7.11円、獲得PPは2,292ポイントと沖縄(那覇)発着としては、至って平凡な路線ですが、今月ランクインした中で唯一のプロペラ機に搭乗できる便となります。
大阪(伊丹)-青森の機材はボンバルディアのDHC8-Q400となっており、なかなか体験出来ないプロペラ機の搭乗を修行中に体験するのもアリではないでしょうか。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

沖縄(那覇)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく2021年3月28日〜2021年4月30日の設定なのでご注意ください。

沖縄(那覇)発着の4月搭乗分は、先月の大幅な悪化から息を吹き返したように設定便数・PP単価10円以下の便数ともに大幅に増加となりました。
4ヶ月連続で1位だった小松に代わり、庄内が1位になるなど変化のみられた沖縄(那覇)発着のBEST30となっています。
全国各地からのアクセスが良いこの沖縄(那覇)発着のランキングは沖縄(那覇)ベースの方はもちろんの事ながら他の地域の方にも参考になると思いますので、2021年のSFC修行の計画に役立てて頂けたら幸いです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント