沖縄(那覇)発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 沖縄PP単価BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(12月搭乗分)2021年12月1日〜12月31日から、今回は修行の聖地・沖縄(那覇)のBEST30を紹介します。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線のPP単価10月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

本記事では、その中から沖縄(那覇)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

沖縄(那覇)発着

沖縄(那覇)発着の設定路線数は199路線(前月比+4)が設定され、ほぼ変わらない設定便数となりました。
PP単価10円を下回る路線は112路線(前月比+15)と、総設定数・10以下の路線ともに増加した嬉しいランキングになりました。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 沖縄-東京(羽田)-小松の場合は、120円+290円x2+0円=700円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1小松東京(羽田)沖縄754 / 47310,7002,1924.88
2沖縄大阪(伊丹)青森762 / 185313,2002,2925.76
3秋田東京(羽田)沖縄406 / 47513,5002,2945.88
4大館能代東京(羽田)沖縄720 / 47314,0002,3475.97
5庄内東京(羽田)沖縄398 / 47513,5002,2036.13
6沖縄東京(羽田)庄内464 / 39713,5002,2036.13
7沖縄東京(羽田)能登464 / 74913,5002,1866.18
8能登東京(羽田)沖縄748 / 47313,5002,1866.18
9富山東京(羽田)沖縄316 / 47513,5002,1406.31
10沖縄東京(羽田)庄内460 / 39514,4002,2036.54
11沖縄東京(羽田)大館能代996 / 72315,5002,3476.60
12沖縄東京(羽田)小松996 / 75514,7002,1926.71
13沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2520 / 483517,6002,5346.95
14札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄706 / 30917,8002,5347.02
15札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 109518,6002,6417.04
16沖縄東京(羽田)秋田994 / 40516,4002,2947.15
17札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47719,0002,6417.19
18札幌(千歳)東京(羽田)沖縄4720 / 47519,0002,6417.19
19沖縄東京(羽田)富山996 / 31915,5002,1407.24
20札幌(千歳)東京(羽田)沖縄4718 / 242719,8002,6417.50
21札幌(千歳)東京(羽田)沖縄56 / 47320,0002,6417.57
22沖縄東京(羽田)札幌(千歳)464 / 6920,0002,6417.57
23沖縄東京(羽田)小松472 / 75916,7002,1927.62
24沖縄東京(羽田)秋田470 / 40717,6002,2947.67
25沖縄東京(羽田)秋田472 / 40917,6002,2947.67
26函館東京(羽田)沖縄554 / 47519,3002,5127.68
27青森大阪(伊丹)沖縄1852 / 76517,7002,2927.72
28小松東京(羽田)沖縄756 / 242917,3002,1927.89
29沖縄東京(羽田)庄内472 / 39917,5002,2037.94
30大館能代東京(羽田)沖縄722 / 109718,7002,3477.97

沖縄(那覇)発着BEST30は、札幌(新千歳)が8便(前月比+3)・東北方面が14便(前月比+4)・北陸方面が7便(前月比±0)となり、先月減少傾向だった札幌や東北がやや便数を戻し、他に函館がランクインしました。
先月のランキングで一気に7便も顔を出した大阪(伊丹)は姿を消し、行き先バリエーションでは少なくなった印象です。
KING of VALUE-TRANSITである沖縄(那覇)発着は、その29位でも全体ランキングの46位であり、優秀な路線が多くBEST30だけでは優良路線を紹介しきれない獣事実ぶりは札幌(新千歳)発着同様です。

小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)

沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)発着12月搭乗分の第1位は11月から2ヶ月連続で小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)となります。
PP単価は先月の5.34円から4.88円まで改善し、PP2倍のキャンペーンがなくても勝負できる4円台は嬉しい数値です。

先月は弱点だったこの路線のPP単価も改善し、PP単価を7.25円から6.71円で改善し順位も16位から12位にまで順位を上げました。
往復で旅程を組んだ場合、往復平均PP単価6.30円だった先月に対し、今月は往復平均PP単価5.79円になり往復で5円台と言うのも嬉しい点です。
往復での獲得PP数は4,384PPです。

庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)

庄内ー羽田ー那覇
Great Circle Mapper

次に紹介するのは、ランキング上位かつ往復旅程でのパフォーマンスも良い庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)です。
今月1位の小松が復路で4円台なため若干の見劣りはしますが、獲得PP数ではこちらが上になります。
この第5位に入った復路と同様に往路も5位タイ(ランク表では便宜上6位)で、往復平均PP単価も変わらず6.13円と素晴らしく、小松路線にはかなわないものの獲得PP数は往復で22ポイント増やせ4,406PPになります。
修行期間最終段階ですのでこの僅かな差が運命を握る可能性もありますから、選択肢として頭の片隅に入れておきたいところです。

札幌(新千歳)-東京(羽田)-沖縄(那覇)

OKA-HND-CTS
Great Circle Mapper

最後は、22ポイントしか増えないのでは足りないと言う場合に心強い札幌(新千歳)-東京(羽田)-沖縄(那覇)です。
沖縄-札幌間では名古屋(中部)経由の方がPP単価では良いのですがその差もわずかで堂々の7.04円、獲得PP数で見るなら羽田経由が最強の選択(PP単価10円以下で)となります。
15位にランクインした復路と組み合わせる往路は22位で7.57円とやや寂しいですが、獲得PP数と往復平均PP単価のバランスは悪くありません。
往復ではPP単価が7.12円、獲得PP数は5,282PPと立派なものです。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

沖縄(那覇)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

沖縄(那覇)発着の12月搭乗分は相変わらずバリュートランジットのキングの名にふさわしく、全路線で唯一の4円台が出るなど強さを見せつけます。
当然ながらベスト30にランクインする全てがPP単価10円以下でもあり、層の厚さは流石の一言です。
SFC修行の分水嶺ともいえるPP単価10円未満であれば選り取り見取りとさえ言え、PP2倍キャンペーンでは煮湯を飲まされた沖縄の面目躍如と行ったところでしょうか。
その4円台1便以降に目を向けると、5円台が3便・6円台が9便・7円台が17便となり、8円台に至っては48便もあります。
12月はSFC修行僧にとって最後の追い込みシーズンです。
すでに解脱された方は良いとしても、際どいポイントの過不足で悩む時期とも言えます。
大量獲得が可能な沖縄(那覇)発着は全国から一旦沖縄にアクセスしてでも手配したい優良路線のオンパレードです。
ラストスパートの参考にしてください。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント