[SFC修行]7月搭乗分バリュートランジットBEST30(主要空港以外)

VALUE TRANSIT28 地方空港BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(7月搭乗分)2022年7月1日〜7月31日から、本記事では非主要空港PP単価BEST30を紹介します。

全設定路線のPP単価6月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてありますので参考にしてください。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

非主要空港発着

非主要空港発着の設定路線数は990路線(前月比+31便)が設定され、PP単価10円を下回る路線は4路線(前月比+2便)となり、総設定数・PP単価10円以下の路線数いずれも若干の増加となったランキングです。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 釧路-札幌(新千歳)-広島の場合は、0円+270円x2+0円=520円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1帯広東京(羽田)石垣1606 / 54524,2003,0258.008.24
2帯広東京(羽田)石垣1604 / 54324,8003,0258.208.44
3帯広東京(羽田)石垣1608 / 114925,3003,0258.368.61
4山口宇部東京(羽田)秋田700 / 40915,6001,5839.8510.32
5紋別東京(羽田)松山556 / 8522,5001,99111.3011.67
6山口宇部東京(羽田)秋田3814 / 40717,9001,58311.3111.78
7釧路東京(羽田)広島1642 / 50921,3001,85311.4911.89
8釧路東京(羽田)広島1638 / 50521,6001,85311.6612.06
9秋田東京(羽田)山口宇部408 / 69918,5001,58311.6912.15
10釧路東京(羽田)広島1648 / 51121,9001,85311.8212.22
11静岡札幌(千歳)女満別1261 / 486718,0001,51011.9212.28
12釧路東京(羽田)広島1632 / 50322,2001,85311.9812.38
13釧路札幌(千歳)静岡4872 / 126218,0001,49212.0612.43
14秋田東京(羽田)山口宇部402 / 69319,1001,58312.0712.53
15中標津札幌(千歳)静岡4882 / 126218,9001,55512.1512.50
16秋田東京(羽田)鹿児島408 / 247920,9001,71912.1612.59
17釧路東京(羽田)鹿児島678 / 477326,1002,13312.2412.58
18帯広東京(羽田)石垣4762 / 9137,8003,02512.5012.74
19宮古東京(羽田)秋田88 / 40932,0002,55512.5212.81
20秋田東京(羽田)宮古404 / 8732,0002,55512.5212.81
21秋田東京(羽田)鹿児島404 / 62321,7001,71912.6213.05
22宮崎東京(羽田)秋田614 / 40721,0001,65912.6613.10
23宮崎東京(羽田)秋田2462 / 40921,0001,65912.6613.10
24熊本東京(羽田)秋田2418 / 40721,4001,67012.8113.26
25秋田東京(羽田)石垣404 / 9134,2002,65412.8913.17
26広島札幌(千歳)中標津1271 / 488323,4001,79013.0713.37
27鹿児島東京(羽田)秋田624 / 40522,5001,71913.0913.52
28長崎東京(羽田)秋田664 / 40522,7001,73313.1013.53
29鹿児島東京(羽田)秋田2472 / 40322,6001,71913.1513.58
30稚内札幌(千歳)広島4844 / 127223,4001,77913.1513.46

前回悪化傾向を止め踏みとどまったランキングを継承した形になりました。
方面の内訳は、北海道各地発着が15便(前月比-7便)面、九州各地は9便(前月比-1便)と減らし、逆に東北各地発着が15便(前月比+5便)と大きく増加、他には広島が6便・山口宇部の中国方面が4便の計10便(前月比-3便)と、東北の伸びが目立つランキングです。
宮古・石垣の沖縄方面は7便とまずまずです。
前回7円台のPP単価が現れ歓喜したところですが今回はジャスト8.00円と可も無く不可もなくと言ったところです。

帯広-東京(羽田)-石垣

Great Circle Mapper

非主要空港発着7月搭乗分の第1位の前回に続き帯広-東京(羽田)-石垣です。
PP単価は8.00円(前回7.60円)とここ2ヶ月ジリジリと悪化していますが、8円というPP単価は悪くはなく、全体的に悪化傾向の7月搭乗分においてはむしろよく見えてきます。
獲得PP数も3,025PPと3,000を超える大量獲得ですが反対路線が設定されていないのも相変わらずで、平面移動を組み合わせるなど工夫が必要で難易度の高い路線で上級者向けです。
2位3位にも同路線が並び、PP単価8円台はこの路線でしか実現できません。

山口宇部-東京(羽田)-秋田

Great Circle Mapper

第4位に入った山口宇部-東京(羽田)-秋田は帯広-石垣と違い往復の組みやすさが素晴らしく使い勝手が上々です。
前回までの秋田は、山口宇部の他に鹿児島や北九州がありましたが、今回は山口宇部だけがベスト30入りです。
往復を組む場合、9位にある秋田発と組み合わせれば、往復平均PP単価10.77円(前回10.87円)と改善し3,166PPの獲得です。
初心者にも優しい往復が可能な路線です。

宮古-東京(羽田)-秋田

Great Circle Mapper

1位の石垣と違い沖縄方面で往復を組むなら宮古-東京(羽田)-秋田が良さそうです。
秋田の底力を感じさせるところですが、PP単価は12.52円とそこまで喜べる感じではありません。
獲得PP数は2,555PPと、帯広-石垣よりは少なくなりますが往復で5,000を超え、満足いく獲得数です。
19位の宮古発に対し、20位(19位タイ)で秋田発があり、往復平均PP単価も変わらず12.52円です。

同時期のプレミアム28

主要空港を含めた全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

PP単価10円以下が2便→4便と倍増しましたが、往復が組みにくい路線が3便を占めていて、単純に往復で修行工程を組むには優良路線だけでは難しい印象です。
優良PP単価路線は往復の構築が難しくなりがちな地方-地方ですが、山口宇部-秋田は単純に往復が組め気楽な往復修行が可能です。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント