福岡発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[2023年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 福岡PP単価BEST30

先月末に発表されたANA VALUE TRANSIT28(1月搭乗分)2022年1月1日〜1月31日の中から、今回は福岡発着のBEST30の紹介になります。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線についてはPP単価BEST100の記事がありますので以下の記事をご覧ください。

本記事では、その1月搭乗分の中から福岡発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数を以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

福岡発着

福岡発着の設定路線数は204路線(前月比±0)が設定され、2022年後半の増便傾向はストップしました。
が、PP単価10円を下回る路線は7路線(前月比+5)と一気に増加し、幸先の良いスタートと言えそうです。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)の場合は、110円+440円x2+270円=1,260円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1福岡札幌(千歳)釧路4813※5/ 487515,4001,9277.998.33
2福岡札幌(千歳)女満別289 / 486515,7001,9458.078.41
3福岡札幌(千歳)釧路289 / 487316,6001,9278.618.95
4函館札幌(千歳)福岡4854 / 29016,5001,8588.889.23
5福岡札幌(千歳)中標津4813※5/ 488518,7001,9909.409.72
6福岡札幌(千歳)稚内4813※5/ 484318,6001,9799.409.73
7稚内札幌(千歳)福岡4842 / 29018,7001,9799.459.78
8福岡大阪(伊丹)青森420 / 185116,2001,61410.0410.53
9福岡大阪(伊丹)青森3156※2/ 185316,2001,61410.0410.53
10福岡名古屋(中部)札幌(千歳)432 / 70318,9001,88210.0410.71
11福岡大阪(伊丹)青森426 / 185516,5001,61410.2210.71
12青森大阪(伊丹)福岡1856 / 42916,5001,61410.2210.71
13福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3160※2/4835※519,8001,88210.5211.19
14札幌(千歳)名古屋(中部)福岡706 /3159※220,4001,88210.8411.51
15福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)426 / 77919,9001,82910.8811.46
16福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)3156※2/ 98320,1001,82910.9911.57
17福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)422 / 77720,3001,82911.1011.68
18福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3862※3/ 71521,0001,88211.1611.83
19福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)420 / 77320,6001,82911.2611.84
20福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)422 / 77520,6001,82911.2611.84
21福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3858※3/ 70722,1001,88211.7412.41
22札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡1144 / 42521,5001,82911.7612.33
23札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡984 / 42721,6001,82911.8112.39
24札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡778 / 42921,9001,82911.9712.55
25福岡東京(羽田)釧路254 /4773※525,0002,08212.0112.42
26福岡東京(羽田)女満別256 /4779※526,0002,16312.0212.41
27札幌(千歳)仙台福岡4800※5/3112※222,9001,89912.0612.50
28札幌(千歳)名古屋(中部)福岡4830※5/3863※322,7001,88212.0612.73
29札幌(千歳)名古屋(中部)福岡710 /3867※322,8001,88212.1112.78
30青森大阪(伊丹)福岡1854 / 42719,7001,61412.2112.70
※1ソラシドエア運行 ※2IBEXエアラインズ運行 ※3スターフライヤー運行 ※4オリエンタルエアブリッジ運行 ※5エアドゥ運行

PP単価を見ると1位は9.70円→7.99円と7円台に突入、30位は12.49円→12.21円とやや改善、上位がグッと改善し下も押し上がり久しぶりに福岡発着に光が見えてきました。
PP単価の分布は、7円台1便(前月比+1)・8円台3便(前月比+2)・9円台3便(前月比+1)と、全体的に改善している点は高評価です。

便数前月比
稚内2
女満別2
中標津1
釧路3
札幌(新千歳)16
函館1
青森5

方面の内訳は、札幌(新千歳)路線が16便(前月比+2)・札幌(新千歳)以外の北海道方面路線も9便(前月比±0)と相変わらず北海道方面が安定の強さです。
北海道以外では青森が唯一で5便(前月比-1)、小松は0便(前月比-1)とランク外に落ち、北海道各地か青森しか選択肢がない状況です。

同時期のプレミアム28

福岡発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

いつもの事ながら北海道方面が上位に並び青森がそこに食い込む形は変わりませんが、今回はPP単価の大幅改善が目玉です。
2,000PP前後の獲得PP数が見込める北海道方面が充実している点も高く評価でき、7円台から選べるのは朗報以外の何者でもありません。
2023年の福岡発着は幸先がよく、期待の持てる1月登場分のランキングです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント