福岡発着BEST30(3月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 福岡PP単価BEST30

先月末に発表されたANA VALUE TRANSIT28(3月搭乗分)2022年3月1日〜3月26日の中から、今回は福岡発着のBEST30の紹介になります。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線についてはPP単価BEST100の記事がありますので以下の記事をご覧ください。

本記事では、その3月搭乗分の中から福岡発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数を以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

福岡発着

福岡発着の設定路線数は172路線(前月比-1)が設定され、前月とほぼ変わらない設定数となりました。
PP単価10円を下回る路線は8路線(前月比-3)となり、増加傾向が続いていた前月までと一転、上位のPP単価が悪化した3月搭乗分になりました。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)の場合は、110円+440円x2+270円=1,260円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1福岡札幌(千歳)女満別289 / 486514,5001,9457.46
2福岡札幌(千歳)釧路289 / 487317,8001,9279.24
3福岡大阪(伊丹)青森420 / 185115,3001,6149.48
4青森大阪(伊丹)福岡1856 / 42915,3001,6149.48
5稚内札幌(千歳)福岡4842 / 29019,4001,9799.80
6札幌(千歳)名古屋(中部)福岡706 / 315918,5001,8829.83
7札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡1144 / 42518,0001,8299.84
8青森大阪(伊丹)福岡1854 / 42716,1001,6149.98
9札幌(千歳)名古屋(中部)福岡4830 / 386318,9001,88210.04
10函館札幌(千歳)福岡4854 / 29018,9001,85810.17
11福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3160 / 483519,2001,88210.20
12福岡大阪(伊丹)青森426 / 185516,9001,61410.47
13福岡大阪(伊丹)青森3156 / 185316,9001,61410.47
14福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3858 / 70719,8001,88210.52
15青森大阪(伊丹)福岡1852 / 315517,1001,61410.59
16福岡名古屋(中部)札幌(千歳)432 / 70320,7001,88211.00
17札幌(千歳)東京(羽田)福岡50 / 24723,5002,01511.66
18福岡東京(羽田)釧路254 / 477324,8002,08211.91
19札幌(千歳)仙台福岡4800 / 311222,8001,89912.01
20福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)420 / 77322,0001,82912.03
21札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡778 / 42922,0001,82912.03
22福岡東京(羽田)札幌(千歳)266 / 473924,3002,01512.06
23福岡東京(羽田)札幌(千歳)268 / 474324,3002,01512.06
24福岡東京(羽田)札幌(千歳)254 / 7124,4002,01512.11
25福岡東京(羽田)札幌(千歳)3846 / 472924,4002,01512.11
26札幌(千歳)名古屋(中部)福岡710 / 386922,8001,88212.11
27札幌(千歳)東京(羽田)福岡58 / 25524,8002,01512.31
28福岡東京(羽田)札幌(千歳)240 / 5524,8002,01512.31
29旭川東京(羽田)福岡4782 / 384726,2002,11412.39
30釧路東京(羽田)福岡4772 / 25326,0002,08212.49

第1位のPP単価は今回も改善傾向が続き若干ながら良くなりました。
その一方30位はやや悪化し、ここ最近の福岡発着は少々間延び傾向の変化が続いています。
内訳を見ていくと、札幌(新千歳)路線は17便(前月比+7便)と前月の減少をほぼ倍返しで増加、札幌(新千歳)以外の北海道方面路線が7便(前月比-1便)とほぼ横ばい、東北方面が6便(前月比-5便)ランクインするなど、PP単価はともかく方面分布に変化が多い2022年になっています。

福岡-札幌(新千歳)-女満別

FUK-CTS-MMB
Great Circle Mapper

先月鳴りを潜めた女満別が復活、福岡-札幌(新千歳)-釧路が3月搭乗分のNo.1です。
女満別が各発着地から謎の強さを見せつけていた昨年後半から、やや下火になったかと思えばまた出てきて、今回の福岡発着では唯一のPP単価7円台で目を見張るのですが、往復のパフォーマンスが悪いのも案の定です。

ただし復路設定が全くない訳ではなく、経由地が変わり羽田経由になりますが41位の復路(PP単価12.81円)と組み合わせ、往復平均単価は10.27円と思いの外まともなPP単価になります。
単純な乗継2本の往復より楽しいかもしれませんし、トータル4,108PPの獲得も捨てがたいところで、今回の福岡発着に於いては女満別はアリと言えそうです。

福岡-大阪(伊丹)-青森

FUK-ITM-AOJ
Great Circle Mapper

ここ最近上位に安定し、しかも往復で上位に並ぶ福岡-大阪(伊丹)-青森です。
今回も3位/4位にビシッと往復が並び、計算しなくても往復パフォーマンスが高いのは一目瞭然です。
2月搭乗分と比べるとPP単価は悪化しましたが、獲得PP数は片道1,614PP・往復3,228PP、ランキング上位の3位と4位(3位タイ)で往復が組めるのも良く、往復平均PP単価も9.48円のまま変わらずです。
運行会社を見ても一部便ではIBEX運行が入っていて、SFC修行ではなかなか珍しいCRJ-700の搭乗体験が可能で、ANA運行ではプロペラ機Q84と見所の多い機材面と言えます。
上位の便でピンポイントに狙わずとも、ランキングには複数の往路・復路があり柔軟性の高さも魅力的で、福岡発着のバリュートランジット往復でPP単価10円を下回ることが可能なこの路線は貴重です。

福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)

FUK-NGO-CTS
Great Circle Mapper

変わり種を紹介したい気持ちはあるのですが、福岡発着の安定の一本札幌(新千歳)-名古屋(中部)-福岡は外せない定番路線で、今夏も上位に食い込みつつ複数がラインナップしていて層の厚さも見事です。
名古屋(中部)以外に東京(羽田)や大阪(伊丹)を経由池に選ぶことができる点も相変わらずの自由度で組み立てやすさ・良好なPP単価・総獲得PP数の三拍子揃った路線でもあります。
今月も優秀なPP単価を狙うなら名古屋(中部)経由を、獲得PP数の大きさなら東京(羽田)経由という点も変わらずです。
名古屋経由での往復で獲得PP数は3,764PPと控えめで、ベストの組み合わせでもPP単価は10.02円(前回より0.5円以上悪化)と見栄えは悪いのですが、優秀な路線を多く抱える札幌(新千歳)からの修行工程を組む橋渡しとしての利用価値が高く、福岡発着では忘れてはいけない路線です。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

福岡発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

女満別がトップに来るとランキングが荒れる傾向があるのですが、今回はなんとか往復で使える形をしていて、かつ安定の青森・札幌(新千歳)が上位をガッチリ固め、比較的安定感のあるランキングになりました。
総設定数やPP単価10円以下の路線数では他空港発着に見劣りしがちな福岡発着ですが、立地の利点を生かし東北・北海道方面を狙っていけば獲得PP数も文句なしです。
上でも触れましたが、札幌からの修行工程を組み、そこへのリーチとしてPP単価ほぼジャスト10円の名古屋経由を使えるのは強く、大規模な旅程を組む際の強い味方になり得ます。

福岡発着路線は、運行会社のバリエーションが面白く、ANA運行以外にIBEX運行・エアドゥ運行・スターフライヤー運行があり、ANA以外の組み合わせてSFC修行を楽しむことも可能です。
PP単価も改善傾向で、使い勝手の良い福岡発着PP単価BEST30になっています。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント