羽田発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 羽田PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

冬ダイヤへの切り替えで大きく様相の変わったANA VALUE TRANSIT28(12月搭乗分)2021年12月1日〜12月31日についてPP単価BEST100の記事を書きました。

その12月搭乗分から東京(羽田)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてありますので、旅程構築の参考資料として活用ください。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事で説明しています。

スポンサーリンク

東京(羽田)発着

東京(羽田)発着の設定路線数は148路線(前月比-1)が設定され、路線数はほぼ前月と変わらない設定路線数となりました。
PP単価10円を下回る路線は68路線(前月比+29)となっており、全体の設定便数の変化は少ないながら、良好PP単価の路線はグッと増え、全体的に厚みを増したランキングになっています。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣の場合は、290円+120円x2+0円=530円となります。

それではBEST30をご覧ください。
27位タイで34位までの掲載です。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1東京(羽田)沖縄石垣2427 / 244915,3002,2466.81
2東京(羽田)沖縄石垣477 / 178115,6002,2466.95
3石垣沖縄東京(羽田)1764 / 46215,6002,2466.95
4石垣沖縄東京(羽田)2450 / 243015,7002,2466.99
5石垣沖縄東京(羽田)1780 / 109616,4002,2467.30
6東京(羽田)沖縄宮古2427 / 172915,9002,1417.43
7石垣沖縄東京(羽田)2442 / 46416,9002,2467.52
8宮古沖縄東京(羽田)1730 / 109817,1002,1417.99
9沖縄福岡東京(羽田)1200 / 384216,6002,0558.08
10沖縄福岡東京(羽田)1204 / 25216,6002,0558.08
11沖縄福岡東京(羽田)1206 / 25816,6002,0558.08
12沖縄福岡東京(羽田)1208 / 26016,6002,0558.08
13沖縄福岡東京(羽田)1210 / 26616,6002,0558.08
14沖縄福岡東京(羽田)1212 / 27016,6002,0558.08
15沖縄福岡東京(羽田)1214 / 27416,6002,0558.08
16沖縄福岡東京(羽田)2502 / 384616,6002,0558.08
17沖縄岩国東京(羽田)1268 / 63816,6002,0068.28
18沖縄広島東京(羽田)1862 / 68416,6001,9968.32
19沖縄熊本東京(羽田)1868 / 64816,6001,9938.33
20石垣沖縄東京(羽田)1762 / 99418,9002,2468.41
21石垣沖縄東京(羽田)1766 / 99618,9002,2468.41
22沖縄松山東京(羽田)1884 / 59616,6001,9678.44
23沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)1168 / 2616,3001,9288.45
24沖縄高松東京(羽田)1622 / 53816,6001,9468.53
25沖縄鹿児島東京(羽田)2484 / 247416,6001,9448.54
26沖縄鹿児島東京(羽田)2486 / 248016,6001,9448.54
27沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)762 / 2816,6001,9288.61
28沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)764 / 3216,6001,9288.61
29沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)766 / 3416,6001,9288.61
30沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)770 / 4016,6001,9288.61
31沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)1170 / 3616,6001,9288.61
32沖縄大阪(関西)東京(羽田)1732 / 382216,6001,9288.61
33沖縄大阪(関西)東京(羽田)1734 / 382416,6001,9288.61
34沖縄大阪(関西)東京(羽田)1738 / 10016,6001,9288.61

東京(羽田)発着BEST30(34路線)の内訳は沖縄(那覇)24便(前月比+5)・宮古が2便(前月比-1)・石垣が8便(前月比-1)と、ランキング全てを沖縄方面が独占する形になりました。
宮古・石垣が微減ですが沖縄(那覇)がドンと増え、結果的には沖縄方面の独占は12月も変わりません。

東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣

HND-OKA-ISG
Great Circle Mapper

東京(羽田)発着の12月搭乗分第1位は東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣となりました。
11月はこの反対の路線である石垣-那覇-羽田が1位でしたが、いずれにせよこの路線が強いことに変わりはありません。
全設定路線でも13位に入る優良路線で、片道だけでも2,246PPもの大量得点をPP単価6.81円で獲得できます。
第2位にも300円だけ上がりますが同路線が入り、3〜5/7/20〜21位には復路がランクインしていて、時間帯など自由度の高い路線であります。

ベストの組み合わせ(1位と3位)で往復旅程を組んだ場合、平均PP単価は6.88円と先月より改善した良好なPP単価で4,492PPが獲得できます。
PP単価は違えど多数の便がランクインしているのでご自身の都合に合わせた旅程が構築できそうです。
便選択によってはソラシド運行のみやANAとソラシドのミックス運行など、機内の雰囲気の違いを楽しめそうです。

東京(羽田)- 沖縄(那覇)-宮古

HND-OKA-MMY
Great Circle Mapper

続いての紹介は、同じく沖縄方面の東京(羽田)-沖縄(那覇)-宮古です。
前月第6位にランクインした宮古-羽田に反対路線、今月は往路が同じく6位にランクインしています。
PP単価は7.43円と若干の改善、獲得PP数は2,142PPです。
上述の石垣と同様に往復での旅程が組みやすく、第8位にPP単価7.99円でランクインしているので、往復平均PP単価は7.71円で総獲得PPは4,282PPです。
石垣には当然及びませんが、それでも高パフォーマンスな路線であることは変わりなく、石垣路線と同様にソラシド運行があり面白そうです。

沖縄(那覇)-東京(羽田)

hnd-itm-kix-tak-hij-myj-iwk-fuk-kmj-koj-oka
Great Circle Mapper

最後に紹介するのは多数の乗継地が選択可能な沖縄(那覇)-東京(羽田)です。
この中では9位から16位にランクインした福岡経由がPP単価が良く、さらにスターフライヤー運行が含まれていて価値が高い路線です。
また、鹿児島経由を選択するとソラシドを2便連続で乗り継ぐ形であり「これはSFC修行なのか?」と思うようなフライトも面白そうです。
どの経由地を選択しても大量PPが期待できる羽田-那覇ですが、最大となるのは2,055PPの福岡経由です。
いずれの経由地を選択しても1,900PP以上が約束された路線ですので安心です。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

東京(羽田)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

PP2倍キャンペーンが終わってしまう12月ですので、みなさん燃え尽き感のある時期でしょう。
このキャンペーンは沖縄方面が除外されているので、今年前半の修行でお世話になった沖縄方面を訪れ懐かしむにはもってこいのランキングです。
11月末までで未達で「後少しで解脱」という方は是非このランキングを見て仕上げのフライトを計画してください。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント