沖縄(那覇)発着BEST30(11月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 沖縄(那覇)BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(11月搭乗分)についてPP単価BEST100の記事を上げ、その中から順に羽田大阪名古屋福岡札幌のBEST30をまとめてきました。
そして今回はいよいよ修行の聖地・沖縄(那覇)のBEST30を紹介します。

バリュートランジット28の詳細については以下の記事をご覧ください。

沖縄(那覇)発着

沖縄(那覇)発着の設定路線数は180路線(前月比+1)が設定され、これまでBEST30を紹介した上記の発着空港を含め唯一の増加となりました。
PP単価10円を下回る路線は135路線(前月比+42)となっており、こちらも大幅に増加となりました。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1庄内東京(羽田)沖縄398 / 47511,1002,2035.04
2沖縄東京(羽田)能登462 / 74911,8002,1865.40
3沖縄東京(羽田)庄内464 / 39712,1002,2035.49
4秋田東京(羽田)沖縄406 / 47513,5002,2945.88
5沖縄東京(羽田)秋田462 / 40513,5002,2945.88
6青森大阪(伊丹)沖縄1852 / 76514,2002,2926.20
7沖縄大阪(神戸)札幌(千歳)2426 / 482116,6002,5076.62
8札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47718,1002,6416.85
9札幌(千歳)東京(羽田)沖縄66 / 109718,2002,6416.89
10札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712 / 173717,3002,5076.90
11沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6718,5002,6417.00
12沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171317,7002,5077.06
13札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄4830 / 246518,4002,5347.26
14函館東京(羽田)沖縄554 / 47518,4002,5127.32
15沖縄東京(羽田)大館能代996 / 72317,2002,3477.33
16松山大阪(伊丹)沖縄1636 / 76512,8001,7467.33
17松山大阪(伊丹)沖縄1638 / 76712,8001,7467.33
18沖縄大阪(伊丹)松山766 / 164512,8001,7467.33
19沖縄大阪(伊丹)松山770 / 164912,8001,7467.33
20札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 47519,4002,6417.35
21沖縄東京(羽田)庄内460 / 39516,2002,2037.35
22大阪(伊丹)福岡沖縄421 / 120512,1001,6357.40
23大阪(伊丹)福岡沖縄423 / 120912,1001,6357.40
24大阪(伊丹)福岡沖縄425 / 121112,1001,6357.40
25大阪(伊丹)福岡沖縄427 / 121512,1001,6357.40
26大阪(伊丹)福岡沖縄3155 / 120712,1001,6357.40
27函館東京(羽田)沖縄556 / 109718,7002,5127.44
28沖縄東京(羽田)小松996 / 75516,4002,1927.48
29大館能代東京(羽田)沖縄720 / 47317,9002,3477.63
30大館能代東京(羽田)沖縄724 / 47917,9002,3477.63

沖縄(那覇)発着BEST30は北海道方面が10便、東北方面が9便、大阪(伊丹)路線が5便、松山路線4便、残り2便が北陸方面となっていて、今月は多方面に分散したランキングになりました。
PP単価もBEST30が全て5円台〜7円台となり、さすがはKING of VALUE-TRANSITというところでしょうか。

庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)

庄内ー羽田ー那覇
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)発着11月搭乗分の第1位は3ヶ月連続の庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)です。
もちろん全国ランキングでも3ヶ月連続の第1位の路線であり、冬ダイヤに変わっても相変わらずの最優良路線です。
PP単価は5.04円と惜しくも今月は4円台突入とはなりませんでしたが、先月の5.49円からは改善し素晴らしいPP単価になっており、獲得PPも2,203PPと魅力的です。
ちなみに反対の便である沖縄(那覇)-東京(羽田)-庄内が3位(PP単価5.49円)にランクインしているので、往復平均だと平均PP単価5.27円となり、PP単価5円台前半で往復が可能かつ獲得PPは4,406PPと4,000オーバーのプレミアムポイントと獲得出来ます。

沖縄(那覇)-大阪(伊丹)-松山

沖縄(那覇)-大阪(伊丹)-松山
Great Circle Mapper

今月の沖縄(那覇)発着で16位〜19位に往路/復路それぞれ2便づつ同点でランクインしたのがこの沖縄(那覇)-大阪(伊丹)-松山です。
バリュートランジットマニアとしては心くすぐられるV字型の飛行経路ですが、先月は31位とギリギリランク外となっていました。
しかし今月は4便がランクインとなり大きく飛躍した路線です。
PP単価は7.33円で獲得PPは1,746PPと、沖縄(那覇)発着としては少々物足りない獲得PPとなっていますが、往復共にPP単価7.33円でランクインしていますので、往復であれば獲得PPは3,492PPとなりますので、まずまずの路線になるのではないでしょうか。

大阪(伊丹)-福岡-沖縄(那覇)

ITM-FUK-OKA
Great Circle Mapper

今月のランキングで異彩を放った路線がこの大阪(伊丹)-福岡-沖縄(那覇)です。
ランキングは22位〜26位にPP単価は7.40円、獲得PPは1,635PPで5便もランクインしていますが、上記で紹介した松山路線とは違い、全て片道のみのランクインという異様な設定です。
反対の便である沖縄(那覇)-福岡-大阪(伊丹)を探してみると、166位〜169位に4便ありましたが、PP単価が11.19円とあまりオススメ出来るPP単価ではありませんでした。
ちなみに11月搭乗分の沖縄(那覇)-大阪(伊丹)の直行便(スーパーバリュー)の最安運賃は8,800円、獲得PP1,108PP、PP単価7.94円ですので、往路はスーパーバリュー、復路はバリュートランジットを利用して大阪(伊丹)→福岡→沖縄(那覇)→大阪(伊丹)と三角飛びの方法を採用するのが良さそうです。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく10月25日〜11月30日の設定なのでご注意ください。

今月も沖縄(那覇)発着のBEST30は全ての便が全国ランキングTOP100に入る優良路線ばかりでした。
先月と比較するとPP単価は改善され、1位は5.04円ともう少しで4円に突入しそうな勢いで、30位でも7.63円と7円台半ば、31位以降も含めPP単価10円を切る路線が大幅に増加し、11月搭乗分は大きく改善されました。
沖縄拠点の修行僧の方はもちろんですが、沖縄拠点以外の修行僧の方なら各地から沖縄(那覇)にアクセスし、さらに那覇発のこれらの便に接続する事で、これらの沖縄(那覇)発着のバリュートランジット28は充分に効率よく活用出来るのではないでしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント