大阪圏発着BEST30(11月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 大阪PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

PP単価の算出に間違いがあり、ランキング表を9/14に修正しました。
間違い箇所は打ち消し線・訂正内容は赤字で記しています。

間違いの影響が少なかった為、オススメ3路線は変更しませんでした。

ANA VALUE TRANSIT28(11月搭乗分)2021年10月31日〜11月30日についてPP単価BEST100の記事を書きました。

その11月搭乗分の中から大阪(伊丹・関西・神戸)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数一覧は以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

スポンサーリンク

大阪(伊丹・関西・神戸)発着

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の設定路線数は281路線(前月比+7)280路線(前月比+6)が設定され、減少続きだった先月までと変わり増加傾向が嬉しいところ。
PP単価10円を下回る路線は32路線(前月比-6)31路線(前月比-7)となり、全体の設定数が増加したといってもPP単価の良い便はそれほどでもない印象です。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣の場合は、260円+120円x2+0円=500円となります。

ではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1大阪(関西)札幌(千歳)女満別1713 / 486711,4001,6217.03
2大阪(伊丹)福岡沖縄419 / 120512,1001,6357.40
3大阪(伊丹)福岡沖縄425 / 121112,1001,6357.40
4大阪(伊丹)福岡沖縄427 / 121712,1001,6357.40
5大阪(伊丹)福岡沖縄3155 / 120712,1001,6357.40
6大阪(伊丹)熊本沖縄523 / 186712,1001,5767.68
7大阪(伊丹)鹿児島沖縄541 / 248312,1001,5367.88
8大阪(伊丹)鹿児島沖縄3175 / 248512,1001,5367.88
9大阪(伊丹)札幌(千歳)女満別777 / 486712,8001,6217.90
10女満別札幌(千歳)大阪(伊丹)4862 / 114413,0001,6218.02
11大阪(伊丹)札幌(千歳)函館1143 / 485712,8001,5348.34
12大阪(伊丹)沖縄石垣767 / 244915,7001,8788.36
13大阪(関西)東京(羽田)能登94 / 7479,6001,1308.50
14石垣沖縄大阪(伊丹)1764 / 76216,2001,8788.63
15石垣沖縄大阪(伊丹)1766 / 76416,2001,8788.63
16大阪(神戸)東京(羽田)小松412 / 7539,8001,1368.63
17大阪(神戸)東京(羽田)能登412 / 7479,8001,1308.67
18大阪(伊丹)東京(羽田)能登986 / 7479,8001,1308.67
19大阪(伊丹)沖縄石垣1169 / 177116,3001,8788.68
20大阪(伊丹)沖縄宮古767 / 172915,7001,7738.86
21宮古沖縄大阪(伊丹)1722 / 76415,7001,7738.86
22大阪(関西)東京(羽田)小松96 / 75310,1001,1368.89
23釧路札幌(千歳)大阪(関西)4872 / 171214,4001,6038.98
24中標津札幌(千歳)大阪(関西)4882 / 171215,0001,6669.00
25大阪(神戸)東京(羽田)富山412 / 3159,8001,0849.04
26大阪(関西)東京(羽田)富山96 / 31510,1001,0849.32
27大阪(関西)東京(羽田)小松3824 / 75510,6001,1369.33
28大阪(伊丹)東京(羽田)小松16 / 75310,8001,1369.51
29大阪(伊丹)沖縄石垣761 / 244318,1001,8789.64
30大阪(関西)東京(羽田)富山3824 / 31910,6001,0849.78

大阪圏発着BEST30は、沖縄方面が14便(前月比+4)、北陸方面が9便(前月比-2)10便(前月比-1)、北海道方面が7便(前月比-2)6便(前月比-3)となりました。
若干の数字の上下はあるものの、東西南北いずれも距離が取れる大阪らしい各方面が満遍なくランクインされている大阪発着BEST30となっています。
全国ベスト100や羽田発着ベスト30では惨憺たる状況ですが、大阪は悪化どころか1位はPP単価が改善するなど頼もしい限りです。

大阪(関西)-札幌(新千歳)-女満別

KIX-CTS-MMB
Great Circle Mapper

今月の第1位は前月と変わらず北海道方面ですが釧路ではなく女満別に変わり大阪(関西)-札幌(新千歳)-女満別です。
全国的にPP単価悪化傾向の11月搭乗分ですが、先月の釧路便の7.61円より改善し、PP単価7.03円・獲得PPもやや増加し1,621ポイントです。

この路線の復路は62位61位と冴えませんが、同じく札幌(新千歳)経由で大阪(伊丹)に戻る便が10位にランクインしPP単価8.02円、往復で扱うことで平均PP単価7.53円と堂々の7円台です。
北海道区間はプロペラ機による機窓が楽しそうな路線でもあります。

大阪(伊丹)-福岡-沖縄(那覇)

ITM-FUK-OKA
Great Circle Mapper

やはり触れずにはいられない沖縄(那覇)路線はランキング2位〜6位5位にズラリとランクインした、大阪(伊丹)-福岡-沖縄(那覇)です。
2〜6位5位に多数ランクインしているので便選択の自由度が高く、PP単価も変わらないので選択の際に迷う要素がありません。
ご自身の都合や前後のフライトとの兼ね合いで調整可能な点は複雑な旅程を組む際に心強い事です。
旅程にソラシドエア運行便が含まれる便もあり、シンプルな往復でも多彩な体験が嬉しいです。
獲得プレミアムポイントは1,635ポイントと1位の女満別と遜色なく(むしろ多い)行きたい方向を自由に選べそうです。

残念なのは往復で考えるのが難しく、最上位は大阪(伊丹)に戻る80位79位(PP単価11.19円)と嬉しくない数値でしかありません。
那覇から別地点に飛ぶなど工夫を凝らした旅程を組む修行僧向けかもしれません。

大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣

ITM-OKA-ISG
Great Circle Mapper

最後に紹介するのは、大阪3空港発着で最大獲得PPを誇る大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣です。

大阪圏発着で最大獲得(1,878PP)が嬉しい石垣便は12位にランクインしPP単価は8.36円です。
数値的に特別優れている感じはしないのですが、上述の沖縄便で苦労する旅程構築が楽なのがこの路線の魅力です。
復路がPP単価8.63円で14位にランクインしているので、往復旅程を組んだ場合は平均PP単価8.50円で3,756PPと大量獲得です。
往復で組んだ際の平均PP単価では前述の沖縄便よりもパフォーマンスがよく、単純に往復で組める点は初心者でも安心です。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

大阪(伊丹・関西・神戸)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月の大阪(伊丹・関西・神戸)BEST30は、沖縄方面が14便・北陸方面が9便10便・北海道方面が7便6便となり沖縄方面の躍進かと思いきや、往復旅程が組みにくく北海道方面や石垣を選択した方が良いBEST30となりました。

PP単価を見ると前月より全体的に若干悪化しているようですが、他の空港発着が軒並み悪化している中で最上位のPP単価は改善し設定総数も増加するなど大阪は頑張っている印象です。

大阪発着は伊丹・関西・神戸と3空港ある為に設定路線のバリエーションも多く、北にも南にも優秀なPP単価でフライトできます。
暖かい気候が名残惜しいなら南に向かい、季節先取りで冬を体感したければ南に向かう、そういう気ままに行き先を選択できるのも立地的に列島中心に近い大阪ならではと言えます。
四季のある日本列島を存分に感じられる旅程を作れるのは大阪3空港発着の大きな魅力です。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント